ノマドでもマルチディスプレイが良くない?〜出先でMacbook+ipadでデュアルディスプレイ環境を構築する方法

    ノマドでもマルチディスプレイが良くない?

    IStock 000001517304XSmall

    最近ノマドな人々が増えてきましたが、出先だと色々と制限も多い!

    いやいや制限があるからこそいいのよって意見ももちろんその通りだと思いますけど、
    モニタに関してだけはやっぱり複数枚あったほうが便利なんじゃないかなっと思うわけです。

    だからそれなら出先でもマルチディスプレイしたらいいんじゃないの?ってことでやってみました。

    ノマドでマルチディスプレイ化する方法はいくつか考えられます。

    方法

    • Mac Bookと液晶モニタを持ち歩き有線で接続する。

      まず、これですが、大変ですw電源ケーブルを使うので、コンセントがない場所では出来ません・・・そしてなにより持ち運びが大変ですorz
      あと書いていて切なくなりますwでも遅延はありません。画質も最高です。他人の視線、電源、移動の大変さをクリア出来る方にはこちらを是非挑戦していただきたいです。
    • Mac BookとiPhoneを持ち歩き、無線で接続する

      まぁアプリがリリースされていますので出来ないことはないですが、サブモニタとして使うには少しモニタが小さすぎるかなと個人的には思います。
      例えば、メールのチェック用に使うとするなら、iPhone用の純正メーラーで確認した方が、視認性も高いですしね。
    • Mac BookとiPadを持ち歩き、無線で接続する

      現時点ではこれが一番実用的な方法だと思います。サブモニタ化するアプリは色々出ていますが、僕はAir Displayを使っています。
      理由としてはこの手のアプリで最初にリリースされていたというだけですが、ソフトの更新も多いですし、ユニバーサルアプリでiPhone用としても使えるので現状特に不満もなく使っています。

    それではMacとiPadを中心に考えてみたいと思います。

    現状わかっていること

    公衆無線LANを使用している場合、アドホックモードで使用する必要がある。
    アドホックモードでAirdisplayをつなぐとMacがネットにつながらなくなる。

    WiMax/Emobileなどを出先使いネット接続する場合は、MacbookとiPadが同じネットワーク内に入るため利用可能。
    ただしいずれも手持ちの機器の同一無線ネットワーク内に接続すること。
    例えば、MacだけWimaxのネットワークにつながっていて、iPadはFreespotのネットワークに繋がっているなど、こういう場合はNG。

    ということで!Mac+iPad(Air Display)+モバイルWiFiルーター =ノマドマルチディスプレイの誕生です。

    Wifiでつないでいるので、ゲームなどの反射性を求めるものには向きませんが、資料チェック用などに使う場合は便利です。

    ちなみにMac版Air Displayも出ていますので、やろうと思えば、Mac+Macのデュアルディスプレイも可能です。

    Mac版

    Air Display (Version 1.4) App
    カテゴリ:ユーティリティ
    価格:¥2,300
    デベロッパ名:Avatron Software, Inc.
    リリース日:2011/03/08
    対応デバイス:無し
    iPhone

     

    iPhone/iPad版

    Air Display (Version 1.4) App
    カテゴリ:ユーティリティ
    価格:¥1,200
    デベロッパ名:Avatron Software, Inc.
    リリース日:2010/05/24
    対応デバイス:全機種
    iPhone iPhone

    あとがき

    ノマドでマルチディスプレイいかがでしたでしょうか?
    実はこの記事書いたの自体はもっと前だったんですが、データが消えたのを気に大幅に加筆してアップしなおしました。

    前の記事をご覧いただいた方も是非もう一度チェックしてみていただけると嬉しいです。

    SNSでもご購読できます。