朝からスッキリしよう!心と体を浄化する朝坐禅やり方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

IStock 000013209074XSmall
座禅を組みに朝7時にお寺に行ってみた

に行ったときに、「朝坐禅のやり方」なるプリントをいただいたので、やり方を書いておきたいと思います。

自宅で座禅するときの参考になれば幸いです。

なお、僕が行ってきたのは広尾にある「香林院」というお寺になります。
※座禅のやり方はお寺によっても微妙に異なるかもしれません。

朝坐禅とは?

起床後の朝食前に直射日光や風があたるのを避け、静かな落ち着ける部屋で10〜30分程度行う坐禅です。

よい気を呼び込む坐禅の7カ条

  1. 落ち着ける場所を選ぶ
  2. 腰を立てて座る(たぶん背筋を伸ばすという意味だと思います)
  3. 目はつぶらず視線を落とす
  4. 丹田に意識を置く
  5. 行きをゆっくり深く吐く
  6. 富士山になったつもりで座る
  7. よい時間が持てたことに感謝

坐禅の前に準備しよう

  • 服装はゆったりしたものを選ぶ
  • はだしになる
  • 腕時計やネクタイなど体を締め付ける物は外す
  • 座布団は大きめの物を2枚用意。上の一枚は二つ折りにしておしりの下に敷く(これはなるほどと思いました。姿勢も保ちやすくなるしあぐらが楽になります
  • Zabuton

    ↑このような感じに重ねた座布団の上側を二つ折にしてお尻の下に敷きます。

  • 線香を炊く。グレープフルーツやレモングラスなどの柑橘系アロマオイルでもOK(部屋が清らかになり、心が落ち着くため集中力が高まるそうです)

    僕は自宅で坐禅を組むときはAroma Potを使っています。コレなら火を使わないので、水とお気に入りのアロマオイルを入れるだけで使えるので、安全です。

  • 坐禅の手順

    1. 合掌・低頭

      Gasho

      坐禅に挑む前に、合掌・低頭して申請な気持ちを表すことで、その部屋によい気を満たす。合掌は、両手を旨の前で合わせ、指をまっすぐ天に向け、「幸せ」な心持ちで行う。低頭は首をさげるのではなく、腰から深く曲げる。

      実際一人でやるときはここまでする必要はないと思います^^;お寺でやるときは坐禅が始まる前にみんなでやるので、それに合わせれば充分かと。

    2. 座る・姿勢を整える

      Shisei1
      1. 二つ折りにした座布団の上に、浅く腰掛け、あぐらをかく。そして、右足を左ももの上に深く載せ、両足を同じ角度で交差させる(結跏趺坐)。これが難しい人は、片足だけ組む(半跏趺坐)のでもよりし、イスに座ってもよい。

        Shisei2

      2. 状態を前方に倒して、おしり(尾てい骨)を思い切り突き出し,そのまま上体を起こす。すると腰が立って、ゆったりと安定した姿勢になる。

      3. 手は、右手のひらを上に向け、その上に、左手のひらを下腹の辺りに引き寄せる。そひて、親指の先を合わせて、手を下腹の辺りに引き寄せる。あるいは、右手でへその下辺りをおおうようにし、右手の親指以外の四指を左手で包み込むように握ってもよい。

      4. 目はつぶらず、首を伸ばしてあごを引き、視線を1m前方の床に落とす。

        ※実際には目をつぶってるひとも結構いました。

      5. 富士山が青空にそびえ立つような心持ちで背筋を伸ばし、下腹部の丹田(へそから6〜7cm下)に力がみなぎるイメージを持つ。

    3. 呼吸を整える

      Kokyu
      呼吸は鼻呼吸が基本。華が詰まっている人は、口呼吸でもOK。丹田を意識して、息をゆっくり吐き切ることが重要。吐くときはおなかはへこみ、吸うときにおなかは膨らむ。
      「ひとーーーつ、ふたーーーつ……」と、1から10まえ、頭の中で数えながら、呼吸を行う(数息観)。「ひとーーー」で静かにゆっくり深く息を吐き、「つ」で吸う。「ふたーーー」で吐き、「つ」で吸う。この要領、10まで数えたら、また1に戻る。
      これを坐禅の間繰り返すことに集中し、雑念を払う。
      慣れてくると、息を吐く時間が少しずつ長くなる。
    4. 合掌・低頭で終了

      Shuryo
      坐禅を終えるときは、始める前にと同様に、合掌し、よい時間が持てたことを感謝しながら、座ったまま軽く低頭する。そして、足をとき、よくほぐしてから立ち上がるようにする。

    あとがき

    雑念を払うという一文がありましたが、実際僕がやったときは周りの音がいつも聞こえたり、気になってることを思い出してしまったり、一時も雑念を払うことが出来ませんでした^^;
    ただ、気分はスッキリするので、またやりたいと思います。お寺でやるのは緊張感がありますが、一人で自宅でやると僕は色々気になってしまうので、なるべく、お寺で坐禅に挑戦しようと思います。

    事前に予約が必要なところもある見たいですが、「香林院」は当日の開催時間前までに現地に到着してればOKでした。

    アスリートっぽい人達もいて、年代もバラバラ。20代と思われる人が多かったのが意外でした。

    ここはただ坐禅するだけみたいなので、気軽に参加出来ます。お近くの人や通勤でその付近を通る人は少し早めに家を出て参加してみてはいかがでしょうか?すっきりしますよ?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *