ライフログにぴったり!?iftttでfoursquareのチェックイン情報をGoogleMapの画像付きでEvernoteに送る!@totto777

    みなさんfoursquareでチェックインしてますか〜?

    僕は最近ようやくチェックインすることが定着してきました!

    こんな感じでチェックイン時に写真も一緒に投稿するなんて小技を身につけたりして、それはもう楽しんでおります。

    NewImage

    ツールの使い方に慣れてくると、アレコレ要望が出てくるもの。

    最初はただチェックインしてただけのところを、同時にTwitterに投稿するようになってきました。

    少しずつ自分の中でライフログとしてのfoursquareの側面が出てきたわけです。

    最初はtwtr2srcというサービスを使ってtwitterのつぶやきのログを保存していたのですが、これだとつぶやきに埋もれて、チェックイン情報がぱっと把握できないんですね。

    何か良い方法が無いかなと思ってたら有りました!

    テキストではなく画像でチェックイン情報を保存してさらにEvernoteでノートを作成

    @jmatsuzaki氏に教えてもらったiftttを試している最中に気づいたのですが、どうやらiftttが僕の悩みが解決してくれそう。

    iftttは既存な様々なサービス同士を連携させてくれるサービスで使い方次第でかなり色々できる個人的に超熱いサービスです。

    iftttでfoursquareでチェックインしたら、GoogleMapの位置情報の画像をEvernoteに送るようにする

    今回やりたいのはfoursquareでチェックインした際に位置情報をテキストではなく、地図の画像の状態でEvernoteに保存するということ。

    この一連の流れをiftttを使って自動化していきます。

    今回は

    ざっくり説明するとまずキッカケになるサービスを選択して、そのサービスが特定の条件を満たしたら、また別のサービスを自動で連動させるという感じになります。

    英語のサービスだけど、アイコンと幾つかの選択肢を選ぶだけで設定可能

    下の図は最初に設定するキッカケになるサービス。

    まずはアカウントを作ってログインしましょう。

    右上の「Create task」かをクリックして新しいタスクを作成します。

    NewImage

    「this」をクリック

    NewImage

    iftttで処理するキッカケになるサービスを表示されるアイコンの中から選択。

    今回はfoursquareからEvernoteなので、foursquareを選択。

    NewImage

    新規にチェックインした場所をEvernoteに送るので「Any new check-in」をクリック

    NewImage

    iftttを作動させるキッカケの設定が完了したら「Create trigger」をクリック

    NewImage

    次にキッカケが発動したら、どうするのかを設定。

    NewImage

    今回は新規にチェックインした場所をEvernoteに送るので、Evernoteを選択。

    NewImage

    新規にノートを作成したいので「Create a note」を選択。

    NewImage

    Evenoteでノートを作成するための書式を設定。

    以下の画面は初期設定の場合。

    NewImage

    iftttでは「アドイン」と呼ばれる設定が使える。ifttt側で自動で項目を取得してくれる機能です。

    NewImage

    foursquareのチェックイン情報をEvernoteに送る場合に選択できるアドイン情報は以下の5つ

    NewImage

    最後に作成した設定名を「Description」に入れて「Create task」をクリックして完了。

    Description自体に名称を入れるのはオプションなので、入れなくても問題ありませんが、後々これなんだっけ?ってなるのを防ぐためにも設定名をつけることをオススメいたします。

    NewImage

    2011/11/08追記:@yoppal氏から以下のツイートをいただいたので追記。

    [blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/totto777/status/132394903819927553″]

    iftttでは初期設定でタイムゾーンがハワイに設定されています。

    これでも使えなくはないのですが、やはり「◯◯時にメールを送れ」などの時間縛りのあるタスクを設定する際は不便です。

    なので、タイムゾーンを日本時刻である「東京」に設定してみましょう。

    ※日本時間としては大阪も選択可能ですが、今回は東京を選択しております。

    まずは画面右上の逆三角形のアイコンをクリック。

    表示されたメニューの「Settings」をクリック。

    Screen Shot 2011 11 08 at 7 22 14 PM 1

    「Time zone」という箇所があるのでそちらをクリックして初期設定の「Hawaii」から「Tokyo」に変更しましょう。

    Screen Shot 2011 11 08 at 7 22 21 PM 1

    タイムゾーンが「Tokyo」になっていることを確認したら「Update Settings」をクリック。

    問題なく更新されれば、画面上部に「Settings updated」と表示されます。

    これでタイムゾーンも大丈夫!

    Screen Shot 2011 11 08 at 7 22 34 PM 1 1

    チェックインした時刻から7分程でノート作成

    肝心のノート作成時のタイムラグですが、さすがに、チェックイン時刻でノートの作成日時は設定されないようです。

    見てると、7分遅れくらいで設定されている模様

    そういえばiPhoneアプリいじっていて気づいたけど、foursquareって後からでも写真アップロードできるのねw

    ライフログをとる救世主になるか!?

    かなり色々な組み合わせができるから、発想次第でかなりライフログをとる手助けをしてくれるのではないかと期待中。

    Instagramとかも対応サービスにあったから、それを連動させてもOK。

    Evernote以外にも色々twitterに投稿するとか色々ある。

    ちなみにPhone Callという項目でどうやら自分の電話宛に電話をかけてくれるような設定もできるみたいなんだけど、日本の番号ではうまく作動しなかった。

    どうやらアメリカ国内のみの機能のようだ。

    残念。

    ちなみにライフログを取るなら@goryugo氏が書いた

    こちらの本がオススメ。

    こちらの本を参考にして、自動化できる部分をiftttで作って行ったら良いと思う。

    あとがき

    実はこの記事作成し始めたのは結構前。

    書き出したら、その日の内に描き上げてしまうスタイルが多かったんだけど、これはこれでありかもと思えるようになってきた。

    SNSでもご購読できます。