ブログから仕事に繋げたい人が一度は通る4つの「ブログ病」

    2日で仕上げた原稿2病でダメ出しをくらう

    今回の記事は「仕事」としてブログを書いている方を対象にした記事です。

    手軽に情報を発信できる手段として「ブログ」はSNSの次くらいに使われている手段だと思います。

    特に「仕事」に繋がる情報発信をしたいならブログはSNS以上に大事だと言われていて、実際に集客する流れを作る上でブログは非常に重要な役割を果たします。

    ところが

    • 実際には思うように記事のアクセスが伸びない。
    • アクセスは伸びるけど期待した結果が出ない

    といったように期待した結果が出ない方がいらっしゃいます。

    上記の症状に当てはまる方には幾つかの「傾向」が見られます。

    そこで私自身が現役のブログ書きでかつ現在仕事として、ブログのコンサルティングをしていて気づいたことを「ブログ病」として一覧にしてみました。

    キツ目の表現ですし、好きにブログを書きたい人にとっては不快な記事ですので「仕事」に繋がるブログを書きたいと「真剣」に思っている方以外読むのはオススメしません。

    偉そうにここで書いてますがこれ全部私の実体験でもありますorz

    いずれも書いている本人には自覚はない場合がほとんどで、パターンによってはむしろ良かれと思ってやっていたりするのでタチが悪いです。

    それでは書いていきます。

    私芸能人ブログ

    非常に多いパターンです。

    ごく内輪でしかわからないネタ

    〜で楽しかった
    〜行った

    とかそんなやつ。

    ブログめんどくさくてとにかくなんか書かなきゃってなるとなりやすいパターンです。

    なぜ芸能人と書いたかというと、このパターンの記事で唯一価値がでるのが芸能人・著名人だからです。

    この人達は「どんなライフスタイルを送っている」のか自体に価値があります。

    芸能人の行ったお店に行ってみたい、芸能人の買っている洋服を買ってみたいなどなど。

    仕事に活用するブログでこれをやっていたら結構致命的です。

    「誰が記事を書いているか」を認識してもらえるのはブログの場合「何回も」そのブログの記事に遭遇した後です。

    普通の人間関係なら「知り合う>ブログを読む」ですが、ブログの記事を読む人達は「ブログ>その人に興味を持つ」なのです。

    記事を読んでいる人は著者には1mmも最初は関心がありません。

    あくまで記事の中身が「読み手に必要な情報かどうか」です。

    お願いしますブログ

    一生懸命ブログ書いている人に多いパターン。

    「〜をお願いします」ってやつですね。

    主に記事のシェアのお願いが多いです。

    ビジネスブログは「1記事1テーマ1アクション」が鉄則ですので、記事の最後に読んでくれた方に向けて起こしてほしい行動を書くのは間違いではありません。

    ですが、読者はあなたのお願いを聞きたいわけではなく「読者自身の問題を解決」するためにブログに訪れます。

    記事を拡散してほしいならシェアボタンを記事の最後においておけば十分です。

    特にビジネスブログの場合シェアされることも大事ですが、記事を読んでくれたお客さんに自身の問題を解決するための次の行動(セミナーなどのイベントへの案内、メルマガへの登録)を案内してください。

    詳しい説明は省きますが、記事読んで行く過程で著者を気に入った読者はわざわざお願いなどしなくても記事をシェアしてくれます。

    ビジネスのために書いているブログでお客さんがくるのは「信頼のおける情報を得て自身の問題を解決したい」からです。

    専門家、いわゆる先生と呼ばれる人たちってなんかどっしり構えてません?(偉そうという意味ではありません)

    先生に限らず信頼関係もロクに出来上がっていない相手から何かをお願いされるのは「本当にこの人大丈夫か」と不安になります。

    信頼関係の出来上がっていない読者にとってメリットないお願いは「初めてあった相手にいきなり100万円貸してくれませんか?って言われているくらいうっとおしいもの」だと思ってください。

    と思いますブログ

    書いてる内容に自信がない人のブログによく見られるパターン。

    専門的な情報を知りたくて、専門家と思われる人のブログに来ているのに書いてある内容は思い切りがなくてあいまいな表現ばかり。

    これは2つの要素があり、

    1. 発信内容に自信がない
    2. 嫌われたくない

    です。

    情報は万人向けに発信すればするほどあいまいでふわっとした表現になっていきます。

    それは誰かを不快にすることはないかもしれませんが、代わりに誰にも刺さらない文章になってしまいます。

    こういう場合は自分が購入者の立場になって考えてみてください。

    「今まで購入したことがない製品の情報を探して辿り着いたブログ。

    専門家だとは書いてあるけど、記事の内容は当たり障りなくなんかわかるようなわからないような。

    本当にこの人から購入してもいいのだろうか?」

    と不安になりませんか?

    もちろん適当なことを断言するのはダメですが、専門家として実証を重ねてきた自信を持てる情報はきちっと断言してください。

    で私は何がこの記事から得られるのブログ

    テーマが絞りきれていない記事はこのパターンです。

    仕事に繋がるブログの場合「1記事1テーマ1アクション」が鉄則です。

    この中の1テーマに関してもブログ自体の大きなテーマから外れてはいけません。

    例:経営者で会社の経営手法について書いている場合(全体テーマ)
    解:社員3人の零細企業がライバル会社に勝つために毎月必ずしている3つのこと(記事テーマ)

    例えば上記のような感じです。

    ブログ自体は現役経営者が自社の経営手法について書いていくブログだとした場合、そのテーマの中でさらに内容を絞って記事を書いていく必要があります。

    たくさんの人に読まれたいブログは「たくさんの人に読まれる」ことが目的なので、多くの人に興味を持ってもらえるような内容である必要がありますが、ことビジネスにおいては「自分たちのサービスを必要としてくれる人達」が興味を持ってくれる内容である必要があります。

    上記の例で言えば、経営者または経営幹部の方に向けた内容であることを明示しています。

    あとがき

    こういった問題を引き起こす原因は

    「誰に何を伝えるのか」をはっきり決めていないことです。

    これはブログ自体のテーマであり、ビジネス自体のテーマでもあります。

    読み手に必要な情報が届かないことは発信者にとっても読み手にとっても不幸なことです。

    上記のいずれかの病気に感染していたら新しい記事を投稿するまえに「今回の記事はブログ病にかかっていないだろうか?」と今一度読みなおしてみてください。

    では。

    SNSでもご購読できます。