500回ライフログを記録した結果、今僕は一日の記録をこうまとめています。

    2010年03月06日。この日から僕のライフログ生活は始まりました。

    Screen Shot 2012 04 20 at 10 03 04 PM

    途中途切れたりしているものの今日まで形を変えながら僕のライフログは続いています。

    今日は500回以上記録されたデータから気づいたことを書きたいと思います。

    勝手にログが残る仕組みを意識する

    タイトルにあるように結果として500回以上(確認時513枚)の日のログを記録してきたわけですが、常に記録をとることを意識してこまめに記録をとっていたわけではありません。

    僕はめんどくさがりなので、やらなくてはいいことはやりたくないのですぐ辞めてしまいます。

    そんな僕が途中間が空いたりしつつも2年程で500枚のライフログを記録出来たのは勝手に記録に残るようにしたからです。

    最終的な記録の場所をEvernoteと決め、そこに一日の中で生まれるログがどんどん放り込まれるようにしました。

    日記ではなく記録(ログ)

    僕の中では日記と記録(ログ)は別の物と捉えています。

    日記はその日を振り返り自分が感じたことなどをまとめるものですが、記録はただ、事実が羅列されています。

    そこには感情はありません。

    感情は記憶を改変してしまいますので、習慣を改善したりするときにログが便利です。

    一日の流れはつぶやきで!ツイエバでまとめて保存

    僕はしょっちゅうつぶやいているので、呟きを見ればそのときどんなことをしていたのかが、大体わかります。

    ツイエバというサービスを使って、その日一日の呟きが自動でEvernoteに保存されるようにしていますので、僕はただ、つぶやいていけば、どんなことを感じていたのか、どんなことに興味を持っていたのかなどを振り返ることが出来ます。

    ツイエバ – TwitterをEvernoteへ

    見返したくなるためにビジュアルの比重をあげよう

    iPhoneを使うようになってからとにかく写真をとるようになりました。

    主に、その日食べた食事、気に入った風景、会った人などです。

    その日撮影した写真は23時59分にiPhoneがPictshare(色んなサイトに投稿出来る)という写真をEvernoteにアップするツールを起動するよう通知をだしてくれますので、そのタイミングでアップロードします。

    Pictshareの良いところは撮影した時刻でEvernoteのノートを作成してくれるところです。

    この機能が後述する内容で非常に重要な意味を持ってきます。

    PictShare – multiple photos/movies uploader App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    価格: ¥250

    23時59分にPictshareを立ち上げるように以下のアプリを使って通知が出るように設定しています。

    通知をスライドすると自動でPictshareが立ち上がるのでアップし忘れることがほとんどなくなりました。

    Launch Center – 等のアプリのタスクをスケジュールします App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: ¥85

    位置情報も画像で記録

    位置情報を記録するサービスとして僕はfoursquareというサービスを使っています。

    最初は「なんでわざわざ自分の居場所をネットにアップするのだろう?」と全然意味がわかりませんでしたが、今では欠かせないサービスです。

    foursquareが僕の中で欠かせないサービスになったのは記録時にGoogleMapで作成した現在位置の画像をEvernoteに投稿出来るようになったからです。

    少し手順が複雑ですが、一度設定してしまえば、位置情報を記録すれば、勝手にEvernoteに送ってくれますので便利です。

    設定方法は以下の記事で紹介しています。

    ライフログにぴったり!?iftttでfoursquareのチェックイン情報をGoogleMapの画像付きでEvernoteに送る!@totto777 | https://highhigherhighest.com/

    foursquareのiPhoneはもっさりしてるので、すぐにチェックインするために僕は以下のアプリを使っています。

    FastCheckin App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    価格: ¥85

    一日分を一つのノートにまとめる

    僕の場合は「つぶやき、写真、位置情報」この3つを主にライフログとして記録しています。

    これらの記録がEvernote上の000_Daily Diaryという名前で作成したノートブックに次々入っていきます。

    ただそれだけだと数が多くなってしまって見づらいので、僕は23:59分を区切りにその日一日のノートをEvernoteのマージという機能を使って1枚のノートにまとめています。

    本当は自動化したいのですが、今のところ手動で今日一日分を選択して1枚のノートにしています。

    Screen Shot 2012 04 20 at 9 39 07 PM

    上記の画像のようにずらずらと時系列で画像などがアップされていますが、これだと一日単位での把握がしずらいので、この状態からまとめたいノートを全て選択して「マージ」という機能で一つのノートにまとめています。

    Screen Shot 2012 04 20 at 9 43 32 PM

    マージすることで先程一覧に表示されていた並び順、つまり時系列で位置情報と写真をまとめることができます。(つぶやきもまとめていますが、Evernoteで一日に作成出来るノート数が200枚と制限があるため、こちらは時系列にしていません)

    これが何が素晴らしかというと位置情報の後に写真がくる、つまり、このときどこにいて、そこで撮影した写真だというのが一発で理解出来るわけです。

    記憶の再現度が全然変わってきます。
    メチャクチャオススメです。

    Evernote App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: 無料

    番外編:体重

    ちなみに僕は体重も毎日記録しています。

    Wi-Fi Body Scaleという乗るだけで自動で体重の記録をつけてくれる体重計使っています。

    オプションの機能で記録した体重をつぶやく機能がありますので、非公開のTwitterアカウントを作ってそっちにつぶやいています。

    こちらもツイエバを使ってEvernoteに送っています。

    手で記録する面倒くささから解放されるのは最高ですw

    あとがき

    実は書こうと思いながら半年も経過してましたw

    書き出したら意外と書けてしまうものなのだけど、何故こんなにも放置してしまうのだろう・・・

    あっ、ちなみにこの形式にすると見返すのメッチャ楽しくなりますよワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

    SNSでもご購読できます。