iPhone付属イヤフォン「EarPods」を綺麗に収納する方法

    EarPods

    今日はiPhone付属のイヤフォン「EarPods」の収納方法について書きます。

    普通イヤフォンって一度ケースから出したらあんま収納するイメージは僕自身ないいんですが、ケース付属してるし、使わない時はきっちり収納したい性分なのでどうせなら、ケースに収納して持ち歩こうと思ったわけです。

    しかしこのケースの収納が予想以上に面倒で綺麗に収納するのが大変。

    色々試してなんとか最初の写真の状態に戻せたので、備忘録として書いておきます。

    ポイントは左右のたるみを揃えること

    たるみを揃える

    この後順を追ってEarPodsの収納方法を書いていきますが、まずケースに再度収納する上で1番重要になるポイントは「たるみ」を揃えられるかという点です。

    上の写真にあるように、両耳をケースにセットした状態で、ケーブル部分のたるみの長さが同じくらいになっている必要があります。

    ではどういう風に揃えていくのか解説していきます。

    まずは左耳から

    まずは左耳から

    ケースに戻すときはまず左耳からセットしていきます。

    この→の順番でケーブルを巻いていきます。

    上の写真の順番で左耳をセットします。

    次は右耳

    次は右耳

    左耳をセットしたら次は右耳をセットします。

    中央の溝にリモコンをはめます。

    右耳にはリモコンが付属していますので、中央の溝にリモコンがハマるように巻きます。

    この順番でセットすることで、ケーブル残り長さを揃えることができます。

    ちゃんとできていればこの状態になっている

    順番通りにやれば上記の写真の状態になると思います。

    後はひたすら巻く

    ここまでくれば後はかんたんです。

    ひたすら巻きましょう。

    巻く

    巻く

    巻く

    ひたすら巻き続けて飽きたころにはこんな姿になっているはず。

    ひたすら巻いた後

    最後にケースをかぶせたら完成です。

    あとはクリアケースをかぶせたら、買ったときのイヤフォンの状態が帰ってくる!

    ケースをかぶせて完成です

    EarPodsの購入はこちらから

    あとがき

    購入したときに順序を覚えとけばよかったと思ったのだけど、当時はケースに戻すつもりなんてなかったので、思わず苦労するはめになりましたよorz

    でもスッキリ!

    SNSでもご購読できます。