頭を整理したい!マインドマップを書くときの5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

頭の中がごちゃごちゃして整理出来てないなと感じるとき、どうやって整理しますか?

IMG 3808

とにかく紙に書く、一覧にしてみる、などやり方は色々あると思いますが、僕はマインドマップが一番適しているのではないかと思います。

ただ、人が書いたマップは見ていてもよくわからないことが多く、また書く時にどんなことを押さえたらわからなかったので、@sawonyaさんに書き方を教わって来ました。

ちなみに@sawonyaさんのブログはこちら。マインドマップ関連のわかりやすい記事がたくさんあります。

マインドマップ1年生 plus ライフハック!

今日は@sawonyaさんに教えてもらったマインドマップを書くときの4つのポイントをシェアしたいと思います。

マインドマップとは?

マインドマップ自体の詳細は下記のWikipediaリンクにお任せしますが、ざっくり言うと、解決したい問題などを紙や画面の中央に書いて、そこから連想するキーワードを放射上に書いていく思考法のことです。

人間の脳の構造との親和性が高くて理解や記憶がしやすいと言われています。

マインドマップ – Wikipedia

それではいってみましょう。

  1. 単語で書く

    今まで我流でマインドマップを書いていたときはキーワード単語ではなく文章で書いていました。

    文章で書いてしまうと、思考が限定されてしまうので、必ず単語にするのが良いとのこと。

    例えば「ブログを書く」と書いてしますとブログを書くことに連想した物に発想が絞られてしまいますが、単に「ブログ」とだけであれば「書く」と続けることも「友達」、「Wordpress」、「楽しい」など発想を限定することなく広げていくことができます。

    マインドマップのキーワードは文章ではなく「単語」で書きましょう

  2. ソフトより手書き

    マインドマップには発案者を含む多くのソフトウェアが販売されていて、Mac,iPhone,iPadなど様々なデジタル機器上でマインドマップを書くことが出来ます。

    ただそれらのどれもしっくりこなかった理由が実はこれだったのかなと教わって気づきました。

    マインドマップは広げようと思うと果てしなくマップが大きくなっていくので、アプリで作成したほうが、綺麗だし無限に広げられるしいいなと思っていたんですけど、操作がわかりにくくて、結局途中で辞めてしまうこともしばしば。

    さっさと手書きで書いて、残しておきたいものや、人に見せるものをソフトウェアで綺麗に清書すればいいよとのことでした。

  3. 綺麗さより速度

    上の内容に通ずることですが、マインドマップを書く目的を見失ってはいけません。

    僕は完全に見失っていて、綺麗でもじゃもじゃしたマップはどうやったら書けるのだろうと全然見当違いの方向に突っ走っていたのですが、マインドマップを書く目的は「思考を俯瞰」することです。

    頭の中で考えていることを一覧で見えるようにしたいわけです。

    大事なのは書きだして客観視することです。

    内容は自分がわかればいいのです。

    スピードを優先しましょう。

  4. ボックスブランチは使わない

    ボックスブランチとは下記の画像でバツ印をつけた四角い枠のことです。

    本来マインドマップでは提唱されていない使い方のようなのですが、ビジネスシーンなどで使うことを考慮して、多くのマインドマップソフトにはこの概念が取り入れられています。

    Screen Shot 2012 04 18 at 1 19 50 PM

    このボックスは区切りになってしまい、思考がストップしてしまうのです。

    マインドマップは流れるように思考がつながっていきます。

    このつながりが非常に重要になりますので、以下のように書くのが良いとのことです。

    Screen Shot 2012 04 18 at 1 38 58 PM

  5. 必要な物に◯をして決して消したり☓をしたりしない

    マインドマップは頭の中身を洗い出すものですので、書きだしてみたものの、いざ、別の形に落としこむ(例えばプレゼン資料とか企画書とか)ときに、書きだしてみたものの必要ないという単語も出てくると思います。

    しかしここで不要だからといって☓をつけていくのではなく、必要な物に◯をつけてピックアップするほうが良いとのことです。(☓は否定的な意味あいもあるので、◯のほうがポジティブに捉えられる)

  6. いかがでしたでしょうか?

    頭の中がごっちゃになってもたった5つのポイントを押さえるだけで、マインドマップは書けてしまいます。

    もやっとするな〜=>マインドマップを書きましょう!

    ちなみに本日のブログ一枚目の写真はNuBoardに教わった時に僕が書いたマインドマップです。

    まぁ、人にお見せする綺麗さはかけらもありませんが、この汚さでも頭の中はだいぶ整理されます!

    綺麗に書かなきゃと思って躊躇してるならすぐにグチャグチャ書きましょう!

    おまけ:これからマインドマップを始める人にオススメ

    一からマインドマップを勉強したいと思う方は以下の書籍必読です。

    上記の著者が直接開発に携わっているアプリが以下になります。

    他にも色々マインドマップソフトは販売されていますが、本家の手書き風のマインドマップを作成出来るのは今のところこのソフトだけだと思われます。

    ポイント4で使っている画像は下記のソフトの画面です。

    iPhone版はコチラ

    iMindMap Mobile Pro App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: ¥350

    iMindMap App

    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: 無料

    iPad版はコチラ

    iMindMap Mobile HD App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: ¥1,400

    iMindMap HD App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: 無料

    ちなみにマインドマップとは関係ありませんが、マインドマップを書く時に使っている「持ち運べるホワイトボード」がこれ、文房具なんて!って思ってた僕が、毎日持ち歩いている超オススメアイテムです。

    ノートに手書きする要領で書くことが出来ます。

    2012/04/18 追記

    なんとこの記事書いたら@sawonyaさんが記事の補足をしてくれました!

    僕が言葉で上手く説明出来なかったところがバッチリ補完されています。

    併せて是非読んでみてください!オススメですよ^

    Re:頭を整理したい!マインドマップを書くときの5つのポイント 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

    あとがき

    毎日更新宣言2日目。クオリティを落とさずガンガンアウトプットしてこうと思います。
    連続更新何日目とかphpで自動表示出来そうな気がするんだけどな〜

    間空いたら、自動で記録が切れるみたいの出来ないかな・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*