今自分が幸せでないと感じたら確認するポイント

    A0055 000307

    日常の会話もそうですが、SNSでも憂鬱な発言をしている人を時々見かけます。

    僕も経験があるのですごくよくわかるのですが、そういう発言をするときって、他の発散方法をとれなかったり、誰かにかまって欲しくてしかたなかったりするのですが、経験的にこれはさらに自分を不幸な目にさせるブースターにしかなりません。

    自分を不幸にさせるだけならまだしもそういうマイナスの言い回しは他の人の力も削いでいきます。

    僕はSNSでそういう発言が続く人は問答無用でミュートしてしまいます。

    とはいえ、人間常にポジティブにはいられないもの。

    割りとポジティブに見られる僕だってアップダウンのくり返しです。

    そこで自分が今幸せでないと感じた時にすぐに出来ることを以下に挙げてみました。

    使う言葉を意識して変える

    これはすごく大きいです。

    自分がそういう気分の時はとかく使う言葉もネガティブなものになりがち。

    意識してポジティブな言い回しにしましょう。

    うっかりいってしまったときは「〜なんてね」など必ず打ち消す言葉をつけましょう。

    これだけでもかなり変わりますよ。

    一人の時間を増やす

    気分が落ちてるときは僕は他人の良いところに目がいってしまいがちです。

    「◯◯さんはこんな結果をだしているのに自分は(ry」といった感じです。

    そんな時はセミナーにも行かなければ、人にもなるべく会いません。

    意識的に人に会わないようにすれば、回復してきたときは自然と人に会いたくなりますよ。

    大事なのは「今気分が落ちてるから人に会わない」とすることです。

    人が嫌いだでやってしまうと、引きこもってしまうので注意です。

    あくまで一時的に人に会わない選択をしただけだと自分に言い聞かせることです。

    情報を断つ

    人に会わないにも通じますが、電話・メール・ネットその他あらゆる情報を遮断します。

    特に今は情報に溺れていないと不安という状態になりがちです。

    その毎日溺れている情報は僕らを何か大きく変えてくれたでしょうか?

    情報というのは活かしてこそ意味があるので、自分が活かせる状態にないのに情報だけ貪っても自分の首を締めるだけです。

    一切情報を経つと面白いですよ。

    不思議と暇だとなんかしたくなるんですよ。

    ◯日間とか期限を決めて情報をたってみてください。

    すっきりするし、やりたいって気持ちになりますよ。

    運動する

    人に会わないのも大事なんですが、こういう時こそ体を動かしたほうがいいです。

    ぶっちゃけ運動を定期的にしていてネガティブな人って出会ったことないです。

    それぐらい体を動かすことは元気でいることに関連していると思います。

    僕も定期的に運動するようになってから落ち込むことはほとんどなくなったし、落ち込んでも回復が早くなりました。

    まとめ

  • 使う言葉を意識して変える
  • 一人の時間を増やす
  • 情報を断つ
  • 運動する
  • あとがき

    いかがでしたか?

    これは僕の場合なので、そのまま有効な人もいますが、出来れば自分だけのレシピを持ちましょう。

    幸福感を感じられない時にできるレシピを持っていると取るべき行動を考えなくていいですから楽ですよ

    SNSでもご購読できます。