iTunes Hack いわゆる「オムニバス」をiTunesで整理するときは「オムニバス」で入れるのがいいよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おんなじアルバムのジャケットがいっぱい・・・

なんの話かといいますと、「オムニバス」やら「サウンドトラック」ってあるじゃないですか?
いろんなアーティストの楽曲が一枚のCDで聞けちゃうというお得なCDなんですけど
自分でCDから取り込むと結構下記の画像みたいな状態になっちゃうと思うんですね。

というか僕の環境だとなってしまったんですが、見た目も微妙だしまとめて聞きたいのに一曲ごとに
クリックしなくちゃいけなくて、使い勝手も良くない。

もしこんな状態になってる人がいたら以下の方法でHappyになれるかも知れないです!

同じジャケットが一杯!?なんだこりゃ・・・

20110602011727

 

ちなみにこの状態だとFinderでファイルを見てもアルバムごとにファイルが配置されてしまっています。
20110602011807
↑アーティスト>アルバム名となっています。フォルダの中には2曲しか曲が入ってない・・・^^;

理想は↓こういうふうに一個のデータにまとめたい!

20110602011928

それじゃあ早速単体アーティストのアルバムのように、1アルバムにまとめたいと思います。

まとめ方

やりかたとしてはiTunesのMP3タグ情報の「アルバムアーティスト」というタグを使います。
まずはまとめたいアルバムを全て選択してください。
※事前に画面右上の検索ウィンドウにアルバム名を打ち込んで、楽曲を絞り込んでおくと選択が楽になります。

20110602011823

20110602011837
↑選択されている「アルバムアーティスト」欄。ここに「オムニバス」と入力することで、一枚にまとめることが出来ます。
英語がいい人は「Various Artist」でもOKです。

20110602011851

↑こうする。

入力したOKボタンを押しましょう。変更する曲の数が多いと結構時間がかかるかもしれません。
20110602011904
↑数が多いとこんな感じでプログレスバーが出ます。

作業が完了するとアルバムが一つだけ表示されるようになりました。
Finder上の状況も確認してみましょう。
20110602011928

オムニバス>アルバム名となっていて曲数も50曲となっています。
20110602012001
これで安心してオムニバスが聞けるようになるかと!
なお、 Finder上のファイルの移動をiTunesが自動で移動するためには、
設定画面>詳細「ライブラリへの追加時にファイルを”iTunes Media”フォルダにコピーする」にチェック が入っている必要があります。
詳しくは以下のエントリーもチェックしてみてください!

iTunes Hack し、知らなかった・・・iTunesって勝手にファイルとか移動してくれるのね・・しかも編集してすぐ

あとがき

ただ、まとめるだけだったら「VA」とか「まとめ」とか自分がわかればなんでも良い気がするんですけど、
ただオムニバスと書かないとだめだったのですが、理由を忘れてしまいました。
勘違いかも知れないですけど、もしどなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてもらえると嬉しいです。

ちなみに王道の編集方法は編集ウィンドウをだして「コンピレーションの一部」にチェックを入れる方法なのですが、
これだと同時に複数の楽曲データに対して変更をかけられないので、僕は使っていません。
メリットしては、この方法をとった場合は、アルバムアーティストの欄は空欄でも大丈夫ということです。

正直アップルさんこれくらい自動で対応してよって気持ちもなくはないですが、バラバラなアルバムがまとまるとなんか嬉しい・・・
これ計算してんのかな???だとしたら恐ろしいw

今回の記事は参考になりましたでしょうか?この記事を見てHappyな人が増えたら嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*