Mar’s Editの使い方説明書 その6 「Post」編

    自分的覚書マニュアルある作りましょの第6回は「MarsEdit」
    「Post」メニュー編です。

    MarsEdit (Version 3.3) App
    カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
    価格:¥4,600
    デベロッパ名:Red Sweater Software
    リリース日:2010/12/15
    対応デバイス:無し

     

    iPhone iPhone

     

    「Post」カッコで括ってあるのはキーボードショートカットです。

    • Send to Blog(⇧⌘D)
    • Edit HTML Text(⇧⌘T)
    • Add Image of File…(⇧⌘I)
    • Add Technorati Tags…(^⌘T)
    • Edit Date…(⌥⌘L)
    • Edit Trackbacks…(^⌘U)
    • Edit Enclosure…(⌥⌘E)
    • Unsplit Post
    • Edit Body(⌥⌘B)
    • Edit Extended Entry(⌥⌘X)

    全10目、記事の投稿に関わる項目ですね。※「…」が末尾に付いてるものはクリックすると別ウィンドウが開きます。
    投稿に関する設定に関しては頻繁に利用すると想定されているためか、全メニューにキーボードショートカットが設定されています。

    • Send to Blog(⇧⌘D)

      編集中の記事の内容をWeb上のブログに投稿します。
    • Edit HTML Text(⇧⌘T)

      Rich Textモードの時にHTML Textモードでの編集に切り替えます。HTML Textモードの時はRich Textモードに切り替えます。
    • Add Image of File…(⇧⌘I)

      画像ファイルを追加します。クリックするとMedia Managerを開きます。「⌘2」でも同様の動作になります。
      • On My Mac

        自身のMac内の画像データから選択します。現時点では任意のフォルダから画像データは追加出来ないようです。
        ピクチャフォルダ内にアップロードしたい画像を入れるか直接記事に対してドラッグアンドドロップで画像を追加します。
        Img 02 212552

      • Published

        現在公開中のブログで使用している画像・ファイルからデータを利用します。
        Img 03 212603

      • Flickr
        Flickrを使っているかたは自分のアカウントににアップしているデータを利用できます。
        「Authorize MarsEdit at Flickr.com」をクリック後、FlickrのサイトでAuthorizeをすると・・・
        Img 04 212611

        以下のような画面になり、ご自身のアカウント内のデータを選択できるようになります。
        Img 01 215229

    • Add Technorati Tags…(^⌘T)

      テクノリティのタグを追加することが出来ます。
      Img 05 212729
    • Edit Date…(⌥⌘L)

      投稿する時間を編集します。
      Img 06 212746
    • Edit Trackbacks…(^⌘U)

      トラックバックを編集します。
      Img 07 212802
    • Edit Enclosure…(⌥⌘E)

      添付されているデータと種類を指定します。Enclosure urで添付データのURL、lengthはデータのサイズ、MIME TypeはデータのMIMEタイプを指定します。
      Fetch Type and LengthはURLを欄にデータをいれている場合は「From URL」をクリックするとMIME TypeとLengthを自動で判断、「From File」はローカルから任意のファイルを指定して、同様にタイプとサイズの判断をします。
      Img 08 212814
    • Unsplit Post

      分割している記事を統合します。分割状態だと一覧表示でブログを見たときに「続きを見る」といったボタンが表示され記事の一部だけが表示されます。分割されていない状態の場合は「Split Post」と表示され、記事の内容が丸々、一覧画面に表示されます。
    • Edit Body(⌥⌘B)

      Body内のデータを編集するという意味のコマンドと思われるのですが、正直なんでこれがあるのか良くわかりません。記事の一覧画面では選択出来ないコマンドだからどちらにしても編集画面をだした状態じゃないと使えない。実際コマンドを実行すると先頭行にカーソルが移動するぐらいしかわかる動きがないのですが、何か見落としているのだろうか・・・
    • Edit Extended Entry(⌥⌘X)

      直訳すると拡張エントリーを編集なのですが、僕の環境では特に動きがありません。なんだろうこれ・・・

    あとがき

    投稿に関する項目だけにショートカット化されている項目ばかりで覚えると記事を書く際にいろいろと便利ですね。個人的にはHTMLモードよりRich Textモードで書くことが多いのですが、この場合、意図しない箇所に装飾が反映されてしまったりして、その都度HTMLモードに切り替えています。なので「⇧⌘T」は必須ですね。

    次回は「Format」編をお送りします。
    なお本記事内において使用したMarsEditのバージョンは3.3になります。

    MarsEdit (Version 3.3) App
    カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
    価格:¥4,600
    デベロッパ名:Red Sweater Software
    リリース日:2010/12/15
    対応デバイス:無し
    iPhone iPhone

    SNSでもご購読できます。