元のDVDドライブが早くても外付けにするとやっぱり遅い

    今まで溜まってたDVDとかを一斉処分することにしました。

    書き出したDVD-Rのデータを再びHDDに収納するというなんとも不毛な作業。

    が、中身のデータは必要なので、頑張って取り込み中。

    で、たまたま、友達のMacを借りれたので、2台で並行して取り込み作業を行なっているのですが、全然取り込み速度が違うのです。

    20120619104601

    元は同じドライブのはずなんだけどな・・・

    友人のは1世代前のMac Book Proなので、僕のより1世代新しい(僕のは現行機種から2世代前のMBP)わけですが、そんなに劇的に速度は変わらないと思うのです。

    が、実際取り込み作業をすると速度に圧倒的な差がでるんですね。

    そんなの取り込むデータの内容にもよるんじゃない?と言われてしまえば確かにそうかもしれませんが、たまたま、12枚組オーディオCDの教材を取り込むときにその差を感じずには要られませんでした。

    外付け1枚が終わる間に内蔵は5枚終わる

    単純に5倍速って感じです。

    たまたま僕のMBPで取り込んだ回のCDだけがめちゃめちゃ重かった・・・というわけではないので、回ごとに順番に取り込んだわけではなく、適当に放り込んで取り込みをしていたわけです。

    僕のDVDドライブは元々本体に内蔵されていたもので、今はSSD+HDDの仕様に変更したため、ドライブが余ってるという感じなのです。

    でそれをUSBで外付けドライブとして使っている。

    だからドライブそのものが変わったわけではなく、接続環境が変わっただけなんです。

    転送速度って大事ですな〜。

    とはいうもの内蔵に戻すのも面倒くさい

    じゃあ早くするために一時的にもう一回DVDドライブ内蔵に戻せばいいじゃんって話になるんですけど、これまた結構面倒くさいのですw

    なので、遅いなと思いつつせっせと取り込み中。

    もう殆ど終わったからいいのだけど。

    これが内蔵DVDドライブを外部ディスク化するキット。

    ケースに収納後はUSB接続でMacに繋いでドライブとして利用することができます。

    今はSSDとのセット販売も開始した模様。

    あとがき

    大変だ〜とかいいつつ、Macはドライブレスの方向に向かうだろうし、そしたら、他の、メーカーから出るPCにもドライブレスの物が出てきて、いずれは「DVD?そんなのまだ使ってるの?」

    的な感じになるんじゃないかな〜と思ってる。

    実際物理メディアは保管が面倒だしね。

    早いところ全部クラウドに移行したいもんです。

    SNSでもご購読できます。