Cloudflareを一時停止する方法

    ブログやWebサイトの表示を高速化する上でもはや必須と言っても過言ではないCDN。

    その中でもCloudflareはもはや定番と言ってもよいと思います。

    今日はそのCloudflareを一時的に利用停止にする方法を書きます。

    Cloudflare

    Cloudflare一時停止の手順

    ログインした状態でMy websites内の一時停止させたいサイトの設定ボタンをクリック

    setup1

    “Pause Cloudflare”をクリック

    setup2

    停止してもよいか?という確認のメッセージが表示されますので”Confirm”をクリックしてください。

    setup3

    これでCloudflareを一時停止させる手順は完了です。

    Cloudflareを再開する場合

    Cloudflareを再開する場合は停止と同じ手順で再開させたいサイトの設定ボタンをクリックします。

    停止の際に”Pause Cloudflare”となっていた場所が”Resume Cloudflare”となっていますのでそちらをクリックすれば完了です。

    setup4

    なぜ停止させるのか?

    なぜわざわざ高速化のために導入しているものを一時停止させるのかというと
    僕の場合サイトの更新のために一時停止を使用しています。

    というのもCloudflareを利用している場合デザインなどを変更してもすぐにはブログ・ホームページ上には表示されません。

    これがサイト高速化のキモでもあるのですが、通常時は良くても更新した内容のチェックをすぐに行いたい場合などは毎回”CloudFlare settings”内の”Purge Cash”をクリックしないと内容が即座に反映されず不便でした。

    特にこのブログはローカルで開発環境を作らず直接サイト上のデータを更新してたりするのですぐに更新内容が見たかったのです(笑)

    あとがき

    高速化って気になり始めるときりがないですよね。

    まぁ自分が読み手になった場合表示に時間かかるとこはいかないもんな〜

    SNSでもご購読できます。