積極的に「ヤメる」ために役立つ5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここのところTIPS的な物を連続で書いていたので、たまにはライフスタイルに言及した記事を。

A0960 001904

僕は周りから「@totto777はヤメるの超上手いよね」と言われる。

どうやら現在進行形で動いている物をヤメることが僕は上手いらしい。

今日はそんななにかを「ヤメる」ことについてのお話。

キッカケは仕事術

僕が何かを「ヤメる」ということを積極的にするようになったのは時間管理・タスク管理について学び始めてからだった。

仕事術というものは、簡単に言うと仕事の流れや手順の無駄を省き、より短い時間で大量の仕事をこなそうという「スーパーマンになるための必殺技集」だ。

※本来時間を圧縮するために始めたのだけど、僕はいつの間にかそんな方向に振れてしまった。現状仕事術をやってる人にもそういう側面が多分に見受けられるので、僕の解釈はそんなに的外れではないと思っている。

上記のような思考で物事を考えてると、あれも、これもやりたいが増えていき、どこかのタイミングで、「どれだけ効率化をしたとしてもこれ以上新しいことをやることが不可能

という状況になる。

僕の場合はそれまでは沢山プロジェクトとかが動いてるとなんだか何かをやっている感じになって気持ち良かったので、この事実に気づいたときはショックだった。

仕事術を使えば、限界なんてないんだぜってくらいの勢いで思ってたからw

そこで初めて「何かをヤメる」必要性が出てきた。

何かをヤメることは特別なことではないけど、「意識して」ヤメるというのはその時が初めてだった気がする。

ヤメるときは考えずにヤメる

結論から言うと、新しく空白の時間を生むために何かをヤメると決めたら、すぐヤメることだ。

ヤメた後のことを考えるのはくれぐれもヤメたほうがいい。

クレグレモ・・・

何故なら、自分が手一杯の状況で何かを「ヤメる」という選択肢を取るということはヤメた代わりに何か新しいことがそこで生まれた時間に入ってくるからだ。

それは新しいビジネスかもしれないし、習い事かもしれないし、何もやらないことかもしれない。

でもその新しいことは今ヤメようとしていることをやめない限り実現することはない。

そして、ヤメてみないことにはそれが本当に自分にとって必要かどうかはわからないものだ。

さらに言うと、ヤメると決めてまたやろうと思ったことは個人的には殆どない。

※人とのやり取りをするのにSNSのアプリがないと色々と支障が出るとわかった時ぐらいだ。

複雑なステップはプロジェクトにする

ヤメる事柄には2つの種類がある。

・「Twitterを見ない」

など自分の意思でヤメることが可能なものと

・「退職する」

のようなヤメるために人とのやりとりが発生するものだ。

2番目の種類のヤメるはヤメるを実現するまでに複数の手順を踏む場合が殆どなのでプロジェクト化する必要性がある。

一番しんどいのは人間関係

2番目の類のヤメるの場合は、ヤメると決断してもすぐにヤメることが難しいことが多い。

人とのやりとりが絡む以上周りの意見に心が揺れることもある。

しかしヤメると決めたなら、ヤメるために必要な事を1つ1つクリアしていこう。

個人的におすすめなのはチェックリストを使う方法だ。

ヤメるために必要と思われる項目を書き出し、終わる度にチェックをいれていこう。

単純なことだけど、単純だからこそ威力も大きい。

チェックがたくさん入ってゴールが近づいてくることを実感できれば、しんどくてもがんばることが出来る。

チェックリストは常に確認出来るようにしておくことをおすすめする。

Phoneを持ち歩くことが可能な場合はListBookという以下のアプリが見ためも良くておすすめだ。

見ためがダサいアプリはただでさえ、起動する気が起こらないから、アプリのデザインは超重要だ。

ListBook App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

新しい時間に入ってくる内容が重要

晴れて、ヤメることが出来て新しい時間が生まれたとしても、実はここをきちんとしないとまたどうでもいいことがその「新しい時間」を浸食してしまう。

暇な時間ができてみて気づいたのだけど、何も考えずにヤメるだけだと、「暇になってしまう」のだ。

「暇になりたい」が時間を作る理由だったら良いのだけど、そうでない場合新しくできた「暇な時間」はなんだか退屈で、僕の場合はすぐに出来るどうでもいいことをそこに割り当ててしまう。

例えばRSSを読むことが無駄だと感じたから、その時間を別の何か生産的なことに使おう(例えば、新しいことを勉強するなど)と「なんとなく」思ってヤメたものの具体的に何かをしようと考えてなかったから、代わりに漫画を読む時間がやってきたなど。

この場合漫画を読む事自体は悪くないのだけど、当初得たいと思っていた結果と違うことをしてしまっていることが問題。

可能であれば、新しく創りだした時間で何をしたいのかは決めてからヤメると上手く止められると思う。

何もしない時間を持つこと

もし今自分の一日の時間割の中に何もしない時間がないのなら、騙されたと思って何もしない時間を作ってほうがいい。

ボーッっとするでもいい。

  • 座禅
  • 瞑想
  • 横になってリラックスする
  • なんでもいいと思うけど、インプットもアウトプットもしない「休息時間」を持つのだ。

    インプットもしないので、当然だけどテレビ、音楽、などもなし。

    できることなら静かな場所で何もしない時間を持つことをおすすめする。

    唯一していいことは自分へ質問すること。

    暇なんだけど、やることもないので、そこで色々考える

    リラックスした状態で考え事をしてると「あれってやる必要ないんじゃないか?」

    など普段見えないことが見えてくる。

    自分への質問はすごくて、自分で自分に対して質問を投げかけると勝手にそのことについて考えてくれる。

    そうやって自分にとって必要なことだけが自分の時間割を埋めるようになってくると、毎日楽しくて仕方なくなってくる。

    あとがき

    あれこれ頭で考えてるだけでは何も変わらない。

    行動しないと結果が自分にとって正しいかどうかもわからない。

    大事なのは決めたらまず行動してみること。

    頭で色々ぐるぐる妄想してしまう自分へのメッセージ。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *