本嫌いの私の本を読むための22個の小さな”こだわり” ~とっとの読書編~ @totto777

    諸君・・・私は本がそんなに好きではない!

    が、今日はそんな私が読書をする際に心がけている、読書術なるものを披露してみたいと思う。

    そう、私の小さなこだわり@2011年11月編

    ちょっとばかり長いエントリーだけれども参考になれば幸いですm(_ _)m

    A0990 000335

    仕事術の鬼@jmatsuzaki氏からのミッションから始まった

    今回の記事は仕事術界隈ではその尋常ではないこだわりと卓越した仕事術で、名を轟かす男@jmatsuzaki氏からの以下のつぶやきから始まりました。

    [blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/jmatsuzaki/status/131768996021280768″]

    こういう振られ方は結構好きなほうだけど、困った。

    何がこまったかというと

    人に披露するほど大したこだわりがない

    そう、特に特別なことはしていないのです。

    というよりむしろ、もっと読んだ内容が頭に入らないもんだろうかと四苦八苦してたりしますし^^;。

    A0002 005052

    良い機会なので自分が読書の際にやっていることを振り返ってみました。

    とは言え、これは自分が今どんな読書のしかたをしているか振り返るチャンスだと思うので、この機会に便乗させていただくことにしました。

    A0006 000939

    読書する際に意識している22個のポイント

    書きだしてみたら結構ありましたw

    まず前提として、僕はそんなに本を読むのが好きではありません。

    漫画は大好きですけど。

    本自体は嫌いではないんですが、なんか読み始めるまでの抵抗があります。

    理由はよくわからないんですが、手をつけるまでとにかく心理的な抵抗があるのです。

    そして読むのは遅いです。

    そんな僕が実はこんなに意識しているポイントがあるんだと書いていて正直かなりビックリでしたがご参考になれば幸いです。

    1. データで読める本はなるべくデータで読む。

      これは本と読むという行為とは少し違うのかもしれないのですが、前述のとおり、本を読むことの対価は理解しているつもりですが、本を読むことにそもそも抵抗があります。

      なので出来る限り自分の気持ちが乗ったときにすぐに読めるように、アプリやデータで販売されている本は紙ではなく、なるべくデータで購入します。

      成功哲学は知ってるけど、長続きしなかった人が読む本 (Version 1.0) App
      カテゴリ:ブック
      価格:¥800
      デベロッパ名:Culturade Corporation
      リリース日:2011/04/12
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (4.5 / 3件の評価)
      通算の平均評価: (4.5 / 3件の評価)
      Game Center:非対応
       
    2. 移動中はiPadではなくiPhoneで読む

      初めてiPadにi文庫HDを入れてスキャンしたデータを読んだ時の感動はすごかったです・・・

      本当に衝撃的な体験だったのですが、移動が多い場合は必ずしもiPadが便利とは限らないと思っています。

      僕は移動が多いので、電車に頻繁に乗りますが、都内だと時間帯によってはとてもではないけど、身動きがとれる状況ではなかったりします。

      そんな時でも気軽に本を読めるのは実はiPadではなくiPhone

      自炊した本はコミックス以外だと厳しいですが、アプリで販売されている本はiPhoneの画面に最適化されているので、読みやすい文字サイズで片手でスイスイ読み進めていくことができます。

      しおりを挟む必要もなく、次に立ち上げた際にはそれまで読んでいた場所から続きを読める。

      もっと新刊が電子書籍でリリースされることを願わずにはいられないですね。

      レバレッジ人脈術 (Version 1.9.0) App
      カテゴリ:ブック
      価格:¥700
      デベロッパ名:DIAMOND, Inc.
      リリース日:2010/05/28
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (4.0 / 1件の評価)
      通算の平均評価: (3.0 / 13件の評価)
      Game Center:非対応
       
    3. 出かけるときは常に紙の本は【1冊】持っていく

      上記で言っていることからものすごく矛盾した内容な気もしますが、自身が今読む必要があると感じている本は電子化されていない書籍がほとんどです。

      いつ電子化されるかわからない状況で購入を待つくらいなら紙で買ってしまおう。

      今はそんな風に思っています。

      なのでノマド作業の合間だったり、カフェでのんびりしたりしてる時に、本が読めるように出かけるときは必ず、紙の本を1冊持っていくようにしています。

      この1冊というのがポイントで2冊でも3冊でもなく、あくまで1冊です。

      何故なら、経験上まず、出先で紙の本を読める状況を作るのは自分的には中々難しい。

      今まで3,4冊持ち歩いていたこともありますが、そもそも読むかどうかも曖昧な状況でカバンが重くなるだけということを何度も経験してきたからです。

      もし紙の本を読み終えてしまってなお、本が読みたいなら、iPhoneやiPadに入っているデータ化された本を読むようにしています。

      NewImage

    4. なるべくスキャンして電子化する

      本を読んでいれば、お気に入りの本や辞書的に保存しておきたい書籍というのが必ず出てくるかとおもうのですが 、それらを無条件に手元に置いておくとひたすらスペースを圧迫していってしまいます。

      まぁ、売って後でまた買えばという手段もあるのですが、手元に残しておきたいと思うことも結構あるので、この場合はなるべくスキャンしてデータ化してしまいます。

      iPadで読書するならi文庫HDというアプリがあり、これだけあれば良いんじゃないかという決定版ともいえるアプリで、iPadで読書する上で必要な機能がたくさんそろっています。

      なので、スキャンして、いつでもデータで読めるようにしておけば、場所は取らずに中身はちゃんと読めて一石二鳥です。

      スキャンは手間が結構かかるので、僕は以前自分でやっていたのですが、引越しをキッカケに辞めてしまいました。

      今は野放し状態ですが、時間とお金がかかっても良いので自炊代行業者に代行を今後は依頼していこうと思います。

      スキャン代行業者

      こちらのページで一覧で紹介されています。

      値段をうたっているところが多いですが、現状ではプレミアム会員になるなど、別途有料の会員プランなどに入らないと、数十日待ちというような状況のようです。

    5. 紙からスキャンした本が電子化されたら買い直す

      自炊をヤラレタことが有る方は納得いただけると思うのですが、最初は丁寧にやっていても数が増えきたらり、一冊辺りの枚数が多い本だと見落としが出てきたりします。

      ページが斜めになっていたり、2ページ一緒にスキャンしてしまったり。

      斜めになっている分にはデータになった後にも修正のやりようがありますが、正直めんどくさいです。

      手元に残しておきたいと思ってスキャンしたわけですから、iPhoneなどで読みやすく最適化されてデータで販売されるならそっちを買ったほうが見やすさなどの面でいいなと思うわけです。

      なので僕はすでに自炊して手元にある本でもデータ化されて販売されたら、極力買い直しています。

      この本は書籍でも買ったし、その後データでも買い直した例。

      堀江貴文 拝金 (Version 1.1) App
      カテゴリ:ブック
      価格:¥1,000
      デベロッパ名:Mobilebook.Jp,Inc.
      リリース日:2010/06/26
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (4.0 / 61件の評価)
      通算の平均評価: (4.0 / 219件の評価)
      Game Center:非対応
       
    6. メモはとらない。ひたすら読み進める

      たしかにこのインタビューだとおもうのですが@dankogaiさんがまちま読み進めるくらいならその分大量に本を読んだほうが、結果として本を読むスピードもあがるし、「本」とのつきあいかたもわかってくるみたいなことが書いてあって、それ以来ひたすら読むことを意識しています。

      ただ、今イチ自分の中での本の吸収率があがらないので、インタビューの内容を上辺だけなぞって本質を理解していないのかなという気がします。

      改めて考えなおしてみようと思います。

      NewImage

    7. 基本的に本は借りない。買う

      これも上の記事を読んで影響されて借りたいせず買うようにしてます。

      実際やってみて思うのは、お金を払うことで新刊のリクエストをだしたり、図書館の営業時間内に図書館にいったりするメンドクサイことを省けて、良いなということです。

      基本的に人が使ったものを使うのはあまり好きじゃないこともあり、自分的にはしっくりきてます。

      あとはやはり身銭を切って本を買うわけですから、読まなければ、ただただ、お財布が軽くなっていくので、そういう意味でも本を読む後押しをしてくれますw

      A1180 001396

    8. 並行して何冊も読む

      一冊を一気に読んでしまうこともありますが、上のほうで書きましたが、移動が多かったりしたりするので、基本的には複数並行して本を読み進めていきます。

      「買う」くらいですから、いずれも自分の興味のある本なわけですから、苦にはなりません。

      IMG 0913

    9. 一日5分で良いのでなるべく毎日読む

      基本的に本を読むことがそんなにスキじゃないので、ほっとくと他のことを優先し続けて、読まない本がどんどん増えていくという状況になります。

      また、間が空きすぎるとそれまでの内容を綺麗に忘れてしまうので、一日5分で良いので、少しでも読み進めるようにしています。

      これが実は結構効果があって、気がついたら完読しているというパターンが出来上がっており、結構オススメできる読み方です。

      A0024 000346

    10. 気になった本は即発注

      理由は単純で忘れてしまうのです。

      そう「忘れる」のです。

      「読みたい」という気持ちすら

      特に最近はAmazonなどで気軽に買えてしまうため、ほしい物リストを観ない限り、思い出すことすら出来ません。

      買って手元にあれば、目の前に存在するわけです。

      俺はここにいるんだぜ?と無言のプレッシャーをかけてくるわけです。

      「日々本の存在を意識すること」これが結構重要です。

      本屋では膨大な本の量に圧倒されてしまいますが、自宅で自分の目の前に存在する本は「読みたい」という自分のフィルターによって厳選された、自分が読んでみたい本だけがならんだリストなのですから。

      毎日に視界に入ってくるうちにふと、手にとって見る。

      僕はそんなことが結構あります。

    11. すぐ読みたいなら本屋に行く

      Amazonにはお急ぎ便という便利なサービスがありますが、せっかちな僕は欲しいと思うとすぐ手に入れたくなるので、本屋に買いにいってしまいます。

      普段はAmazonだけどスピード感を優先するなら本屋。

      こんな感じで自然と住み分けするようになりました。

      問題は本屋に行くとかならず、目的の本以外にも物色してしまい、色々買い込んでしまうということでしょうか。

      A0008 000294

    12. 繰り返し読む

      実は積読本が溜まってきているので、最近はほとんどできていないのですが、感銘を受けた本は何回も読み直します。

      ちょっと日を開けて読み直します。

      間を開けて読むというのは復習のタイミングを変えるだけで記憶の定着度は4倍になるというエントリを読んでから実践しています。

      確かに本の内容を理解する上で繰り返し読むというのは非常に重要だなと思います。

      目の前の積読本のプレッシャーに負けずに感銘を受けた本は読みなおしましょうw

    13. 物語や小説は基本的には読まない

      一部例外はありますが、基本的にはフィクションはあまり読みません。

      推理小説なんかは好きで小さい頃は結構読んだのですが、この手のフィクション物は僕の中では映画なんかと同じ扱い。娯楽なんですね。

      それだったら、映像も音もある映画をみたいなというのが1つと、もう一つはビジネス書のほうが、実生活ですぐに応用が効くからです。

      決して嫌いなわけではないですけど、自分の中の優先度の問題ですね。

      A0027 001444

    14. ブックカバーはちゃんとしたものを買う

      僕はいわゆる成功本や、投資関係の本を読むことが多いのですが、正直電車とかカフェで堂々と表紙を晒して読むことに抵抗があります。

      紙のカバーだとすぐボロボロになってしまうこともあり、ブックカバーを購入してそれをつけて持ち歩くようにしています。

      ブックカバーに関してはこの記事にて触れています。

      本がもっと好きになる!?ちゃんとしたブックカバーの薦め

      NewImage

    15. ブクログに登録する

      全部の登録はできていないのですが、今までこんだけの本を読んだり、関心を持ってきたんだというのを知りたくて、なるべく登録するようにしています。

      自分のモチベーション維持の問題ですね。

      メディアマーカーが人気ですけど僕はUIがブクログのほうが好みなので、こっちを使っています。

      とっとの本棚

      Screen Shot 2011 11 20 at 3 03 20 PM

      ブクログ (Version 2.9.8) App
      カテゴリ:ライフスタイル
      価格:無料
      デベロッパ名:paperboy&co. Inc.
      リリース日:2010/03/14
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (2.5 / 12件の評価)
      通算の平均評価: (3.0 / 1,020件の評価)
      Game Center:非対応
      ブクログ スキャン (Version 1.0) App
      カテゴリ:ライフスタイル
      価格:無料
      デベロッパ名:paperboy&co. Inc.
      リリース日:2011/04/25
      対応デバイス:無し
      現Ver.の平均評価: (4.5 / 33件の評価)
      通算の平均評価: (4.5 / 33件の評価)
      Game Center:非対応
       
    16. 本棚以上に本が増えたら、スキャンするから売却する

      家に本棚らしい本棚がないのですが、その代わりに壁から机までの幅を超えたら、売るなり、スキャンするなりするというルールを決めています。

      この写真では若干アウトですがw

      これで50冊くらいなのですが、この程度の冊数でも全てに目を通すのはかなり困難です。

      なので、この幅を目安にして、超えたら、やばいから読んで売るなり、スキャンするなりしようと心がけています。

      NewImage

    17. 雑誌は気になる箇所をスキャンしたら、捨てる

      雑誌は売るにも売りにくいので、なるべくデータで購入するようにしていますが、紙でしか販売していない雑誌に関しては、ひと通り目通したら、気になる箇所だけスキャンするなりして、後は割りきって捨ててしまいます。

      最近は雑誌的な情報はRSSでまかなえてしまう感じがするので、単行本だけ買えばいいかなと思っています。

      切り取ってスキャンするだけなら、かさばらないScanSnapのS1100がMacでもWinでも使えて便利です。

      iPhoneを使ってスキャンをするなら以下のいずれかのアプリが便利です。

      どちらも機能的にはさほど差はないので、UIや独自機能で選べば良いと思います。

      僕は最近iPhoneでスキャンすることがあまりないので、入れていませんが、以前はDocScannerを使っていました。

      理由としてはUIやアイコンの形が好きだったのと、当時はDocScannerのほうが機能が豊富だったからです。

      DocScanner (Version 5.0.5) App
      カテゴリ:仕事効率化
      価格:¥350
      デベロッパ名:Norfello Oy
      リリース日:2009/04/18
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (3.0 / 31件の評価)
      通算の平均評価: (3.5 / 475件の評価)
      Game Center:非対応
       
      JotNot Scanner (Version 3.2.4) App
      カテゴリ:ビジネス
      価格:¥170
      デベロッパ名:MobiTech 3000 LLC
      リリース日:2009/03/27
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (4.0 / 114件の評価)
      通算の平均評価: (3.5 / 2,160件の評価)
      Game Center:非対応
       
    18. また読みたくなったら買う

      本って不思議なもんで、読みたいと思って買うんだけど、いざ手元に届いたら、まったく読まない、または関心が持てずに放置ということがしばしばあります。

      出来ることなら購入した本全てに目を通したい、でも現実として難しいことがあります。

      読む気にならない、つまらなかったなど、理由は色々です。

      ただ、これまた不思議なもんで、最初に買ったときにまったく読んでも面白くない、内容が理解が出来ないといった本が数年放置した後にすーっと自分の中に入ってくることがあります。

      こればっかりはどうにもコントロール出来ないのですが、以下の記事でもふれられていますが、興味を持ったらまた買えばいいやと思い、全然読まない本は売るようにしています。

      誰もがほとんど何も知ることなくこの世を去る。そしてそれでいい理由

      Screen Shot 2011 11 20 at 3 13 02 PM

    19. ソファーに座って読む

      上でも書いていますが、そもそも本を読むという行為がそんなに好きではありません。

      読み始めてしまえば、楽しめるのですが、読み始めるまでの腰がやたらと思いのです。

      なので、出来る限りリラックスした状態で読むことを心がけています。

      僕の場合家の中でソファーに座ってる状態が一番リラックスできるので、本を読むときはなるべくソファーに座って読むようにしています。

    20. 本屋では気になったらとりあえずブクログに入れる

      大きめの書店にいけばそれこそ全部の本が僕にとって必要に思えて仕方ないので、気になったものの今日買わなくても良いかな〜という本はブクログのiPhoneアプリでバーコードだけスキャンして自分のブクログの本棚に読みたい本として追加しておきます。

      これで安心して忘れられるわけです。

      まぁほとんど読みたい本リストは見返さないので、おまじないと化していますが^^;

      ブクログにする前はItem Shelfというアプリを使っていました。

      こちらは本以外も登録が出来るので、時計やらMacやら欲しい物を登録したい人はこっちのほうが良いかもしれません。

      ItemShelf (Version 3.2) App
      カテゴリ:ライフスタイル
      価格:¥170
      デベロッパ名:Takuya Murakami
      リリース日:2008/12/06
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (3.0 / 16件の評価)
      通算の平均評価: (3.0 / 692件の評価)
      Game Center:非対応
       
      ブクログ (Version 2.9.8) App
      カテゴリ:ライフスタイル
      価格:無料
      デベロッパ名:paperboy&co. Inc.
      リリース日:2010/03/14
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (2.5 / 12件の評価)
      通算の平均評価: (3.0 / 1,020件の評価)
      Game Center:非対応
       
    21. 本屋で買うときは目次を読む

      僕はリアルの書店で本を買うときは魅力的なタイトルに引きづられて、ついついあれもこれも買いたくなってしまいます。

      物が少ないほうが良いとわかっていてもそれでも気になってしまうのです。

      上のブクログの洗礼を受けてもなお生き残る猛者達は結構いるので、そうなるとさらなる厳選が必要担ってきます。

      そこでチェックするのが見出し。

      まず章をチェックして、気になる章があれば、その中の見出しをみて、2,3気になるところだけ開いて読んでみます。

      それで書いてある内容が良いと思えば、購入。

      それ以上のチェックは時間のムダな気がするのであとは買ってみて判断します。

      IMG 0917

      一流芸能人がやっているウケる会話術 (Version 1.2) App
      カテゴリ:ブック
      価格:¥350
      デベロッパ名:Kou Publishing Company
      リリース日:2011/05/18
      対応デバイス:全機種
      現Ver.の平均評価: (4.0 / 27件の評価)
      通算の平均評価: (3.5 / 45件の評価)
      Game Center:非対応
       
    22. 読まずに置いてある本はちょっとだけ読んでみる

      とはいえ、購入したもののまったく手付かずの本もやっぱりあります。

      傾向としては割りと自分にとって新しい系で知識がない分野、かつ本が分厚いとかなり危険です。

      そんな場合心がけているのが「ちょっとだけ読む」です。

      ほんのちょっとだけ読んでみて、しおりを挟んでみる。

      すると本を並べたときに上からしおりが出てるので、「あっ読みかけてる」から読まないとと思うのです。

      で、ある程度すすんでくると、そっからはその本を読むことの抵抗が減ってきて、逆に読み終えたい衝動に駆られるため、読み終えに行こうと言う気になります。

      IMG 0919

    あとがき

    どうでしたでしょうか?

    なんというか、本の買い方など読書術といって良いのか迷った点もあります。

    でも、本を買うところから読書は始まっていると思うので、書いてみた次第です。

    ちなみにこのエントリ書くのに4日かかってます^^;

    SNSでもご購読できます。