めんどくさがりさんイラッシャイ!溜めた「後で読む」記事をMacアプリ「ReadNow」を使ってブラウザで一括チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※Read It Laterは2012/04をもって「Pocket」にサービス名が変更になりました。

※ReadNowは2012/03をもって「Read Later」に名称が変更になりました。

※スクショはサーバの画像が紛失したため2012/10/19に現行のバージョンで撮り直しました。

「あとで読む」記事ってどうやってチェックしてますか?

僕は「Read It LaterPocket」といういわゆる「後で読む」系のサービスを使って、RSSで気になった記事を後でまとめてチェックしています。

このRead It LaterPocket最近インターフェイスが新しくなって見やすくなったんですが、本文をチェックするために一つ一つの記事をクリックして確認していかなくてはいけません。

2,3個の記事ならいいのですが、これが何十件となると・・・

クリック→本文チェック→クリック→本文チェック→クリック (ry

と記事の回数分繰り返さなくてはいけません。

これが「メンドクサイ」

Screen Shot 2012 10 19 at 19 20 45

しかもクリックした後この記事読んだ!っとチェックいれないといけない

しかもリスト内でチェックした記事は読了した場合、画面 左上Pocketになって右上にあるチェックボタンをクリックしないと延々に未読リストに残ります。

Screen Shot 2012 10 19 at 19 20 45 copy

リストの一覧を自動で開いて、ブラウザでページが表示されたら未読リストから消したい

僕がやりたいのは

  1. 未読リストに表示されている記事を一括でブラウザで開く
  2. ページが表示されたら、未読リストから記事を削除

の2点。

いずれの機能もRead It LaterPocketのブラウザには機能として見当たりません。

マウスのクリック連打はもう嫌だ!!!と思っていたら見つけました。

どっちの機能もみたしてくれるスーパーアプリ「ReadNowRead Later」

Mac用アプリの「ReadNowRead Later」

このアプリがまさに僕が求めていた機能を持っていたアプリでした。

起動するとメニューバーに表示されるこのアプリ、メニューバーに表示されるアイコンをクリックすると下記のような画面が表示されます。

Screen Shot 2012 10 19 at 19 18 35

ポイントは2つ

アプリインストール後に上記画面左下の「歯車」のアイコンをクリックして、そこに表示される「Preference」をクリックしてください。※通常のアプリと同じ形式になりましたので右上のアプリ名をクリックすると設定を表示できるようになります。

下記の画面が表示されますので、赤枠の

  1. Open in back ground
  2. Automatic archive after opening

※2012/10/19追記設定画面のUIが変更になっていました。

  • Open in back groundは設定>Reading>Open links in background
  • Screen Shot 2012 10 19 at 19 27 57

  • Automatic archive after openingは設定>General>Automatic archive
  • にそれぞれ変更になっています。

    Screen Shot 2012 10 19 at 19 28 18

    準備が出来たら「Open all articles」Open all Bookmarksをクリック

    上の設定が完了したら、再度メニューバーをクリックして左下の歯車のアイコンをクリック、

    ファイル>Open all Bookmarksをクリックしてください。

    Screen Shot 2012 10 19 at 19 35 53

    そこに表示された「「Open all articles」Open all Bookmarks」をクリックしてください。

    未読リストに表示された一欄が次々ブラウザで開かれていきます。

    Screen Shot 2012 10 19 at 19 39 24

    全てのページが開き終わると下記のように未読一覧が全てなくなります。

    ※2012/10/19追記 以前のバージョンでは未読一覧がなくなっていたのですが、設定が上手く反映されていないようで、確認時には全てのタブが開いたあとも未読一覧がそのまま残っていました。

    Screen Shot 2012 10 19 at 19 43 44

    注意:あんまり溜めすぎるとブラウザがフリーズする

    上記で書いたように一括して元のページを開いてくれる上に、未読リストから完了してくれるので非常に便利なのですが、一点だけ欠点があります。

    それが未読リストの数が多すぎるとブラウザでタブを開いている最中にフリーズしてしまうこと。

    僕の2011/10/8時点での環境は

    1. MacBook Pro 15インチ(Early 2011)
    2. メモリ8GBに増設
    3. 内蔵HDDをSSDに換装

    です。

    このスペックで最新のChromeを使うと、約100くらいのタブを開くと、かなりの確立でChromeがフリーズします。

    ですので、目安としては80個前後くらいまでが一括で開くならオススメです。

    1件だけ手動でダブルクリックする場合でもクリックした記事は未読リストから消えるのでオススメ

    100件以上の大量に未読リストがある場合、や一度にそれほど記事をチェックしない場合は、任意の記事をクリックするだけもオススメです。

    この場合選択した記事をダブルクリックするとその記事がブラウザで開き、かつ未読リストから消してくれますのでWebで記事をチェックするより管理がはるかに楽です。

    最近Instapaperにも対応した模様

    僕は使っていませんが、Read It LaterPocketPocketと双璧をなす後で読むアプリ 「Instapaper」にも最近対応した模様です。

    Instapaperユーザーの方も是非試してみてください。

    Screen Shot 2012 10 19 at 19 14 16

    「後で読む」の強い味方 ReadNowRead Laterはコチラからダウンロード出来ます。

    Read Later – The best Client for Pocket and Instapaper (Version 2.1.1) App
    カテゴリ: 仕事効率化
    価格: 無料
    デベロッパ名: mischneider
    リリース日: 2011/01/02
    対応デバイス: 無し
    現Ver.の平均評価: (2.5 / 3件の評価)
    通算の平均評価: (4.0 / 35件の評価)
    Game Center: 非対応
     

    あとがき

    これから「モテキ」の映画見てきます(/ω・\)チラッ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *