「忙しすぎて何を考えていいのかわからない状態」を止めるただ1つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ストレスフリーの仕事術を読んでグッときたポイントを書いてみました。


Playmobil Pocketmod – Miniture GTD (9/365) / orangeacid

「忙しすぎて何を考えていいのかわからない状態」を止めるただ1つの方法

それは・・・

週次レビュー

週次レビューとは

仕事術として有名な「GTD(Get Things Done)」の仕組みの一部。
週に一度、1週間の間に思いついたアイディアを集め、処理し 整理する行為。
週次レビューでは木(タスク)を見ることなく、森(プロジェクト)を見る。
そして今後数日の間に、目の前にあるプロジェクトや、次に起こすべき行動をどうするか、じっくり考え、決断する。

週次レビューをやることのメリット

目の前にあるプロジェクトや、次に起こすべき行動をどうするか、じっくり考え、決断することで、
忙しすぎて何を考えていいのかわからない状態から開放される。

定期的に全体を見渡す機会は自然には起こらない。

するべきことすべてに関して、定期的に全体を見渡す機会(週次レビュー)は自然と起こることはない。
毎日の仕事の手綱を握り直すために、1週間の終りに1時間〜2時間の時間を録ることが絶対に必要。
これにはかなりの訓練が必要となる。

たいていの人は週次レビューについて、「できたらいいけどそんな時間はないんだ」的な仕事だと思ってしまう。

重要ではないけど急ぎではない仕事ってことなのか?

気づいていない人があまりにも多い

週次レビューこそが「忙しすぎて何を考えていいのかわからない状態」を止める唯一の方法 だと気づいていない人があまりにも多い。
常に生産的でいたいならば、残りの人生ずっと 週1〜2時間の週次レビューが必要と説かれています。
健康でいたいなら定期的に運動しよう!みたいな感じでしょうか?
脳の運動みたない感じ?感覚的には棚卸って感じだけど。

GTDについて詳しく知りたい!!っという人は

今回触れた「週次レビュー」を含め「GTD」について書かれた本がこちら。
GTDの開発者デビットアレンさんが書いた本を百式などで有名な田口元さんが翻訳をされた本です。
超有名な本なので、知ってる方も多いと思いますが、GTDってなんぞやという人はまずこちらに目を通すことをオススメします。

あとがき

8/13日に@sawonyaさん発起、@shigotanoさん主催で開催された「みんなで一箇所に集まって、各々自分の週次レビューをする」タスクカフェという会に参加してきました。
冒頭で@shigotanoさん・@nokibaさんによる、解説が行われた後は、各自が各々の方法で週次レビューをやりました。
僕はセミナーだと思って参加したので、最初いわゆる自習時間の長さに面食らいましたがwこういう場でもないと全然週次レビューをしないので、久々に取り組めたという感じです。
ずっとサボっていたので、約2時間の時間では到底終わらず・・・帰宅してからも週次レビューを続けることになりましたw
それがキッカケで今までWebで断片的に情報を集めていた、GTDについてきちんと学んでみようと思い「ストレスフリーの仕事術」を読むに至った次第です。
体系的に学びたいときは本の方がいいなと改めて思いました。本はWebサーフィンのしようがないしw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*