するぷろで下書きしてMar’sEditで仕上げるニュースタイルブログ術 @totto777

    Suruprotomarsedit

    先日するぷろについて記事を書いたとき、ラクイシさんから、下記のようなコメントをもらった。

    [blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/rakuishi07/statuses/124988053684109312″]

    なるほど、こんなやり方もあるのかと思い、試して見ました。

    この際タグ打ちは捨ててみる

    IMG 0309

    後でMacで編集するというスタイルなら、極力面倒なことはiPhoneではせず、記事の文書にだけ注力してみようと思う。

    文書を書く作業は労力を使うので頭が冴えてる時間帯にやってしまいたい。

    Macで編集するのはCSSだけいじる感覚

    Screen Shot 2011 10 29 at 12 48 18 PM

    HTMLとCSSを触った経験のある方なら同意してくれそうな気がするのだけど、するぷろで文書だけ書いて、体裁をMar’sEditで編集するのはHTMLとCSSの関係に似ている。

    正確には体裁を整える作業はHTMLタグで行い、それに対応したCSSを別途適用するので表現として正しいかは微妙ですけど(;゜0゜)

    Macでやることそれは写真とタグ付け

    NewImage

    やはり全体像の把握には大きな画面のほうが適している。

    後タグ付けもショートカットキーでバンバン適用していけるのでラクチンだ。

    これらの作業は圧倒的にMacでの作業が楽だし、現場iPhoneでこれをやろうとするのらまだ不便とゆーか、めんどくさいと思う部分が大きい。

    役割分担でスピードアップ

    Suruprotomarsedit 2

    役割を分けることのメリットは移動時に、レイアウトや、見やすさを意識する必要がなくなり、文にだけ集中出来ることである。

    夜眠くなり始めてから文章を考えるというのは僕にとってはかなり苦痛を伴う作業で、多分多くの人にとってもそうだと思う。

    なので隙間時間や移動中に文章を書けるというのはブログ自体のクオリティアップにも良いと思う。

    作成した文章は「下書き」状態でサーバにアップ

    Screen Shot 2011 10 29 at 1 00 36 PM

    文章の作成が完了したら、Wordpressのサーバに公開状態を「下書き」にして文章をアップロードしてしまいましょう。

    この作業をすることでMacで作業する際、MarsEditを更新すると記事リストにするぷろで作成した記事がダウンロードされます。

    ※なお、MarsEditは現在の仕様だと記事リストをMax30件までしか取得出来ません。記事リストを貯めている方はこの方法を試される前にご注意ください

    余談ですが、僕はローカルほど安心出来ない保存場所はないと思ってる。

    別にウェブが安心というわけではないけど、少なくとも酔っ払った僕がサーバを壊してしまうような事態は発生しないw

    iPhoneをウッカリ忘れたり、壊したりするほうがよっぽど確立が高い気がする。

    文章が消えると立ち直りに時間がかかる

    A0002 005037

    少々記事の内容からずれますが、ウッカリデータが消えてしまったという経験はブログを書いてる人なら一度はあると思う。

    これのショックはかなりでかい。特に長い文章を書いたあとなんかだと、やり直す気力が削がれてしまう。

    下手をするとブログを辞めかねないダメージを負う。

    こうならないためにもバックアップは必須である。

    このくらいの長さで作成に約30分

    後は整形してあとがきを足したら公開。 移動がわりと多い僕には実はかなり向いてるやり方なのかもと書きながら思ってる

    Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

    なお今整形作業中でかかった時間は約30分。

    トータルで1時間。

    図などを作る必要がなければこれはいいかも知れない

    NewImageMarsEdit
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    価格: ¥3,450

    NewImageするぷろ for iPhone App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    価格: ¥350

    あとがき

    imgタグを打つと自動でpタグで囲ってくれないかなって最近思ってる。

    SNSでもご購読できます。