ブログ書いたら自動でお知らせ WP to Twitterというプラグインを入れてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前々からやりたかったのが、ブログを書いたら、更新通知をTwitterに自動でお知らせするということ WP to twitterというプラグインで通知が出来るようになったのですが、設定をする際に手こずったので覚書。

APIの設定はRead and Write

WP to twitterの設定画面からtwitterの連携画面にいきますが、その際連携に必要な各種設定を擦る必要があります。

設定自体はウィザードに従っていけば問題ありませんが、初期状態ではアクセスレベルがRead Onlyに設定されています。

これだと読み取り専用なので、投稿時にエラーが出ます。

これをtwitter developersのsetting画面で「Read and Write」に変更してください。

Img 01 012428

access tokenは作り直さないとダメ

設定をRead and writeに変更しても、tokenはそのままだとRead Onlyのままなので、「Recreate my access token」をクリックしてTokenを作り直してください。

作り直した値をWP to twitterの設定画面に入力すれば、投稿が出来るようになります。

設定自体はこちらを参考にさせていただきました。

WordPressの投稿をTwitterにつぶやく – WP to Twitter — 病的溺愛シンドローム

あとがき

実はブログの更新を通知するプラグイン自体は前から入っていたのだけど、通知がうまくいかず、色々通知系のプラグインを試してました。

でやっと今回WP to twitterで通知が出来るようになりました。

他にも過去記事をつぶやくプラグインとパーマリンクをリダイレクトするプラグインの設定をして、また一つブログが快適になりました。

ついつい設定をいじってしまいますが、自分だけのカスタム仕様にできるWordpressは最高です。

というか普通のWebサイトももうWPでいいんじゃないかな?なんて思います。

昔自分のHPを作っていてあまりのしょぼさに泣けたことがあったのですが、あの当時WPの存在を知っていたら、もっとカッチョいいサイトが作れてたのかななんて思ったり。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*