PDF

MacのHazelを使ってpdfを自動で整理してみた。

Head

最近とある講座を受講しています。

その講座はメールで色々なお知らせや役に立つ情報が送られてくるので、後で見返せるようにpdfにして保存していました。

何故pdfで保存しているのかというと僕自身が「インボックスゼロ」という方式でメールを処理していることもあり、基本的にフォルダなどを作ったりはせず閲覧したものはすべてアーカイブしてしまうためです。

※インボックスゼロについては記事の主旨にそれるのでこの記事では解説しませんが、メール処理の方法としては簡単だけど非常に効果的な運用ルールだと思うので、興味のある方は是非検索してみてください。

都度エクスポートがめんどくさい

普段はMacのMailを使ってメールの運用をしています。

エクスポートしたいメールを選択して都度pdfにエクスポートしているのですが、一日複数メールが送られてくるものを都度処理するのが、とにかくめんどくさい。

これはなんとか自動化したい!

そこでApple Scriptでエクスポートを自動化する処理を書いたのですが、書き出す先のフォルダ指定をApple Scriptで書くのがこれまた面倒だったので、Downloadフォルダに出力したものをしばらく手動で動かしていました。

ただ、この手の処理は一部の処理だけを自動化するだけではあまり自動化するメリットを感じられないので、フォルダへの振り分けも自動化することにしました。

シェルスクリプトで移動する処理を書いてみたものの・・・

フォルダの振り分け自体はシェルスクリプトで書く方が楽だったので、シェルスクリプトで書いて、これ自体は問題ないのですが、書き出しスクリプトを走らせた後に、振り分けスクリプトを実行するという、「つなぎの部分」が手動でしないといけないことが地味にめんどい・・・

なので、Apple Scriptで書き出す処理にシェルスクリプトの実行も組み込むことも考えたのですが、ちょっとコードを書く気分でもなかったので、フォルダアクションで振り分けてしまおうと思いました。

しかし普段全く使わないので、めんどくさい(またw)気分になってしまった時に、ふと目に入ったのがHazel(公式サイトはこちら).

※HazelはMacで簡単にメールの振り分けの要領でファイルの振り分けしたりリネームしたり、スクリプトの実行などを行えるとっても便利なツールです。色々設定をしていたのですが、Mac入れ替えでデータを初期化する際ルールのバックアップを忘れてルールが消えて以来、入っているものの放置してました。

導入したものの全く使っていなかったHazel

そうだ!Hazelでシェルスクリプトを実行しよう!

と思い、Downloadフォルダにpdfが出力されたら振り分けスクリプトが実行されるようにしました。

Hazel簡単で楽チン。

前置き長くなりましたが、具体的にどうしたかこれから解説していきます。

Hazelの設定

Hazelのメニュー画面を出します。
1

上記の赤枠で囲った部分をクリックします。

左下にも「+」ボタンがありますが、それは実行するフォルダをどこにするかを指定する際のものです。

今回はDownloadフォルダにあるpdfファイルに対して実行しますので、ここは登録されているという前提で進めます。(購入時は左側のFoldersには何もありません)

2

上記のような画面が表示されますので、Nameの欄にわかりやすい名前を付けてください。

続いて四角の線で囲われた2つの段の上側、3つの選択欄をそれぞれ「Kind」「is」「PDF」と設定します。

これはファイルの種類がpdfの場合に実行しますという意味です。

色々な組み合わせがありますので、興味のある方は是非試してみてください。

上の段の設定が完了したら続いて下の段を「Run shell script」「実行するスクリプトファイルを指定」

に設定してください。

※キャプチャ画像では「embedded script」となっていますが、これは別途スクリプトファイルを読み込むのではなくHazelに直接スクリプトを記載する方法です。この場合スクリプトを記述するためには右側の「Edit script」をクリックすると入力画面が表示されます。また余談ですが、シェルスクリプト以外にApple Scriptも実行できます。

設定したら「OK」ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。

あとはHazelが自動で判断して振り分けのスクリプトを実行してくれます。

便利だ!

まとめ

なんでもかんでもプログラムを書こうと思ってしまいがちですが、すでに便利なツールがあるならそっちを使った方がいいですよね。

ではまた。

Macでかんたん!1クリックで書籍ごとに自炊画像フォルダをまとめてpdfに変換

Automator

以前下の記事で書いた自炊した画像をpdfに変換するAutomator用のワークフローを複数のフォルダに一度に適用出来るようにした。

正確にはループする処理を書いたワークフロー内で変換用のワークフローを呼び出して使ってる。

しばらく自炊本の整理は放置していたのだけど改めてやりだしたらとてつもなくめんどくさい。

自炊本の保管場所をどこにするかずっと決めかねていたのだけどiTunesでまとめて管理することにした。

自炊派の人向け!Macで画像の入ったフォルダを1枚のpdfにする方法Automator

iTunesで管理しようと思ったきっかけはこの記事。

書籍データの管理にはEvernoteとiTunesを活用する | タスクセラピー

続きを読む

PrimoPDFでtiffファイルを綺麗pdfに変換する方法

MacでWinを使う人向け久々のWindowsネタ。

僕はVMware Fusionを使ってMac上でWindows環境を動かしています。

ホントはMacだけにしたいのですが、証券・オークション関係や昔作ったスクリプトなどがあったり、Windows環境の検証が必要だったりするので今でもたまに使っています。

BootcampではなくてVMwareにしているのは一々再起動するのが面倒だから。

VMwareなら1アプリケーションとしてWindowsを使えるからすぐに切り替えが出来るんですよね。

Primopdf

先日メモリを16GBにして、VM立ち上げつつCodaとPhotoshopとChromeとFirefoxたちあげてガリガリ作業しててもOKという環境になったので、さらにテンションが上がってる今日この頃だったり…

公式非対応でも大丈夫!MacBookProのメモリ-を16GBにしましたhttps://highhigherhighest.com/

さてと、話がそれましたが今日はPrimo PDFでtiffファイルを高画質なpdfにしましょうというお話。

続きを読む

自炊派の人向け!Macで画像の入ったフォルダを1枚のpdfにする方法Automator

スクリーンショット 2012 09 15 4 37 16

自炊した画像データを長らく画像ファイルのまま放置していたので、1枚のpdfにするために作業していたのですが、数が多くて手動でやるのが嫌になったので、MacのAutomatorを使って自動化してみました。

Automator

基本的な手順自体は下記のサイトさんで掲載されている内容をほぼそのまま流用させていただいていますが、そのままだと僕の環境では使えなかったので、一部手順を変更してあります。

2011-10-28 – .DS_Store

続きを読む

PDFを分解するならPDF Toolkitが超便利

名刺はスキャンしてEvernoteで保存する派の@totto777です。

Evernote

先日MacがクラッシュしてOSを入れなおしたのをすっかり忘れていて、久々に名刺をスキャンしたら、1枚のPDFにモリモリ他のスキャンした名刺データも統合されていましたorz

Screen Shot 2012 06 17 at 8 50 01

5.3MBって・・・

2,3枚が結合されている程度であれば、OSに標準搭載されている「プレビュー」というアプリを使って、手動で一枚ずつ書きだしても良かったのですが、統合されている名刺は数十枚にもなっていたので、もう一回やりなおしかと朝からちょっと凹んでおりました。

しかし根っからのめんどくさがり屋の僕はなんとか楽に解決できないかなと思ったわけですw

そこでGoogle先生に聞いてみたいのですが、Mac用のフリーウェアは開発が終わってるものも多いようでなんだかイマイチ。

やり直したほうが早いかな〜と思ったのですが、そういえばMac App Storeがあると思ってダメ元で検索してみたらありましたよ!

Mac壊れました。復旧までの24時間を語る | https://highhigherhighest.com/

Macの表示時間がおかしくなってしまったときに確認すること | https://highhigherhighest.com/

続きを読む