Mas cli

画像はhttps://github.com/mas-cli/masより引用

長いことTerminalの黒い画面と戦ってきましたが、
ようやくCLIとも仲良くできるようになってきました。

10年くらいかかったな・・・

まぁ、そんなことは置いておいて、
Mac App StoreのアプリをCLIでインストールできる

「mas-cli」

が便利だったのですが、一点だけ不便な点がありまして、
インストールするアプリを名称ではなくてIDで指定しないといけないんですね。

しかも後でわかるようにコメントをつけておくとシェルスクリプトを走らせた際にエラーが出てしまうので、ここに備忘録を兼ねて記載しておきます。

インストールしているアプリID一覧

955293604Blik
409907375Remote Desktop
409183694Keynote
847809913Download Shuttle
436971294Smart Timer
414855915WinArchiver Lite
442168834SiteSucker
662946309RankGuru SEO
889884781ListBook
530839610PNG mini
964690635Duplicate File Cleaner
539883307LINE
409201541Pages
409203825Numbers
497799835Xcode

スクリプトサンプル

[cc]#masインストール
FILENAME=”mas.txt”
cat $FILENAME | while read LINE;do
mas install $LINE
done[/cc]

こんな感じでテキストファイルに書いたIDをループで連続インストールする感じです。

しょっちゅう使うことはないんですが、準備しておくと環境構築の際楽ができるのです。

以上