あんなに嫌いだったジョギングが好きになってきた訳

    僕はジョギングが今まで好きじゃなかった。

    A0007 000235

    どっちかと言うと苦手。

    学生時代はマラソン大会とかなればサボってたし、いざやってもびりから数えたほうが早いくらいだった。

    反面短距離はすぐ終わるし、そこそこ速かった(運動していた当時は)から好きだった。

    最近、またランニングをするようになってきた。

    何度となく挑戦して、何度なくうまく行かず、止めてしまったのだけど、懲りずにまた始めた。

    ただ今回は今までとはひとつ違う点がある。

    「走るのが楽しい」のだ。

    これがランニングハイ?

    先日初めてランニングハイ?と思われる現象に遭遇した。

    僕は本当にランニングが苦手で、正直1kmも走ったらもう帰りたくなるくらい、走るのが苦手だ。

    でもその日はちょっと違くて、いつもなら折り返しポイントを過ぎたら、歩いて帰ってくるのに、帰りのそのまま走って帰ってこれた。

    正直、もっと走れるなという感覚があったけど、足が痛かったので、折り返して辞めた。

    「走るのが楽しい」と初めて思った瞬間だった。

    今日は初めて「楽しい」と思いながら6kmを完走した。

    その時は多分4kmくらいを走ったと思う。

    記録をとっていなかったので、正確な距離はわからないけど。

    今日は記録をとって走った。

    最後まで楽しく走れた。

    調子が良かったので、大幅にコースを変更して、いつものコースからかなり遠回りして走ってきた。

    IMG 5070

    決して早いペースではないけど、個人的にはまだまだ全然走れる、走れるのが楽しいという感覚で走れたのが非常に大きい。

    次回はもっと距離を伸ばしてみようと思う。

    走るのが楽しくなった理由

    初めて試してうまくいったわけではないのだけど、今楽しく走れている最大の理由は

    「脈を図りながら」

    走ったことだと思う。

    今は心拍計を用いて走るようになったのだけど、

    最大心拍数から6割程度の心拍数で走ることで、楽しく走ることが出来る。

    最大心拍数には公式があって、

    最大心拍数 = 210-自分の年齢

    で計算することが出来る。

    最大心拍数×0.6で走るのに適した心拍数を計算出来る。

    あとはその前後の心拍数を維持するように走るだけ。

    始めた最初は早歩きみたなペースでその心拍数に達してしまっていた。

    今はのろのろだけど一応走ってる体裁を保てるくらいにはなってきた。

    「まだまだ全然走れる」という感覚は今までの僕の中には一度もなかった感覚。

    楽しい。

    走る距離はRunKeeperで記録をとってる。

    RunKeeper – GPS Running, Walking, Cycling and more! App
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
    価格: 無料

    ちなみに心拍計にはこれを使ってる。

    最近はRunKeeperと連動出来る心拍計があるらしいのでそっちに乗り換えようかと思っている。

    日本にはまだないみたい。

    輸入品ならあるようだ

    あとがき

    今回はきちんと走るのを習慣化しようと思う。

    というか楽しいから出来そうだ。

    SNSでもご購読できます。