VMWare Fusionが遅いなと思った時にする2つの改善策

    僕自身は基本Macの環境で普段作業を行っていますが、他社さんの社内用のプログラムなどを作るときやMP3tagの編集などの時にWindows環境が必要になることがあります。

    その場合はVMwareを使って仮想環境上でWindowsを動かして作業しています。

    vmware fusion

    ※サーバの画像を復旧できず2012/10/18に改めてキャプチャ画像を撮り直しました。

    ただいかんせん問題があって「遅い」

    もっさもっさしてて、全然作業になりません。

    これは困ったなということで色々試してみた結果、下記の2つをやることで大きくパフォーマンスを向上することが出来ました。

    1.仮想イメージをSSDに移動する

    仮想イメージをSSDに移動する

    ( ´゚д゚`)エーSSD買えって話ですか!!!?っと怒られそうですが、ハイそうですw

    もしくはファイルサイズが大きいからといって保存先をHDDにしている方。

    今すぐSSDにデータを移行しましょう。

    動作の快適さが半端じゃありません。

    ほぼ実機で作業してるバリのパフォーマンスで動かすことが出来ます。

    通常パソコンを使う際でもHDDからSSDに切り替えた際のパフォーマンスはかなり変わりますが、仮想環境ではより一層違いが出ます。

    2.3Dアクセラレータ機能をオフにする

    もう一つがこちら。

    3D関係の処理をオフにしましょう。

    設定→ディスプレイで設定画面を表示できますので、チェックを外します。

    3Dアクセラレータ機能をオフにする

    この機能をオフにするとWindows7とかのAero機能が使えなくなりますが、パフォーマンスは大きく向上します。

    ゲームをやりたい!!などの場合には向きませんが、仕事でWindowsをいじる方などにはかなりオススメです。

    SSDを買うなら128GB以上推奨

    もし仮想環境を導入するためにSSDに切り替え用とお考えの場合は128GB以上の容量の物をオススメします。

    何故なら仮想イメージのデータ容量が30GB近くになるので、64GB以下のサイズだと導入が難しいからです。

    仮想環境用のSSDを一台用意する、というのなら話は別ですが、ノート環境の場合はSSDだけになることも多いので、最低128GB以上を強くオススメします。

    僕自身はMacBayというツールを使い、MBPのCDドライブを外し、SSD128GBとHDD500GBの構成にしていますが、実際使ってみると、他のアプリのデータもあり、128GBでもぎりぎりです。

    ですので、出来れば256GBを選択されるのが後々後悔しないで済むかなと思ってます。

    あとがき

    iPhone4Sにしてからバックグラウンドでアプリが20個以上立ち上がっていても、通常動作においてまったくそれを感じることがなくなりました。

    特に使用頻度が一気にあがったのがfoursquareのiPhoneアプリ。

    それまではチェックインしようと思ったときにアプリが中々立ち上がってこなくてもういいやってなってしまうことが結構あったのですが、それが解消されてチェックインするのが楽しくなってきましたw

    そのせいかポイントがすごいことにwww

    Foursquare App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    価格: 無料

    foursquare

    SNSでもご購読できます。