ルーチンHacks 001 ミニマリズムと効率化を追求した結果「洗濯機」は要らないと判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

持たない暮らし

洗濯機は不要

昨年から「必要な物以外持たない&ルーチン作業を極力自動化して好きなことをして生きる生活」というのを目標にしてまして、まだ達成は出来ていませんが、一年近くやってきてネタも増えてきたので公開していきたいと思います。

1回目の今回は「洗濯機は要らない」ということについて。

僕は春先に都内に越す際にいわゆる家電をほぼ全て処分しました。

それぞれ「要らない」理由は異なるのですが、生活する上で支障は全然ないので、参考になれば幸いです。

今回は「洗濯機」は要らないについて。僕は現在洗濯機を処分して代わりに、洗濯代行を頼んでいます。

 

洗濯代行とは「洗濯」という行為を代行してくれるサービス。

名前のとおり、「洗濯」という行為を代行してくれるサービス。

主にクリーニング屋さんなどがサービスの一つとして提供している場合が多い。

だいたい、どこも専用のバックを送ってきてそこに洗濯物を入れて、送ると畳まれて戻ってくるという流れ。

僕は週1回のペースでお願いしています。

こんな感じで届く。

洗濯代行からこんな感じで届く

多くの代行会社に共通するサービス

複数の会社がサービスを提供しているが大体共通するのが

  1. 値段は1回 2500円前後。
  2. 専用のバックに洗濯物を詰めて送る。(面倒だけど綺麗にたたむと一杯入る)
  3. Webサイト上の専用フォームに必要情報を入力して代行を依頼。
  4. 専用バックに自分で荷物を詰める。
  5. 依頼後、配送業者が洗濯物を入れた専用バックを回収にくる。
  6. 都内近郊であれば、送った翌々日に届く。

です。代引が多いですが、カード決済に対応してるところもあります。

僕は小銭とか出すのが面倒なので、カード決済の使えるPOST WASHさんにいつも頼んでます。

僕はめんどくさがり屋なので、靴下とか片方だけ送っちゃったりとか普通にやってしまうんですが、ちゃんと別に分けてくれます。

片方だけ送っても大丈夫

洗濯代行に頼むメリット

  • 忙しくて、うっかり洗濯を忘れてた。
  • 洗濯という行為そのものからの開放
  • 上記の開放に伴う時間の捻出

捻出する時間の対価としては月1万円はアリだと思う

僕は週に1回、月に4回頼んでいますので、毎月大体1万円ほどの出費になります。

金銭的にみたら、高いなと思われるかもしれないですが、僕の中では「時間」の優先度が一番なので、全然OKだと思っています。

忙しいな〜っと思ってる人は、試しに月に一回とか依頼してみるといいと思います。

洗濯機が要らないという判断に至った理由

なぜ洗濯機が要らないのか?

当初は洗濯機と並行して洗濯代行を頼んでいたんですが、僕の場合、週一回のペースで依頼していれば、自宅の洗濯機を回す必要がないことに気づいたので、引越しと同時に処分してしまいました。

不要かそうでないかの判断は「その行為自体が楽しいか否か」と「その行為自体が生産的であるか否か」で考えるようにしています。

僕にとっての洗濯は「嫌いではないが好きでもない」「必要な行為ではあるが生産的ではない」であり、総合すると自分の時間から排除したい行為であったので、代行に依頼した次第です。

洗濯というプロジェクトをアクション単位まで分解してみる

代行に依頼する前に、どのくらい1回の洗濯で自分が時間を使っているのか計算してみました。

何かをアウトソーシングする際に費用対効果は重要だと思っていますので、何か他のことでアウトソーシングしようと思ったら、まず現状掛かっている時間を計測するのをオススメします。

さて洗濯ですが、大体以下のような流れになるかと思います。

  1. 洗濯かごに洗濯物をいれる
  2. たまった洗濯物を洗濯機にいれる
    所要時間:5分
  3. 洗濯機に洗剤をいれる
  4. 洗濯時間を設定する
  5. スタートボタンを押す

    所要時間(3+4+5):1分
  6. タイマーがなるまでまつ どうやらコレが苦痛らしい。気になってしまうたち

    所要時間:30分
  7. なったら中身を取り出す
  8. ハンガーにかけて干す

    所要時間(7+8):15分
  9. 1の中身がなくなるまで2-8の作業を繰り返す。

以前は週末にまとめて洗濯するという方法をとっていました。

1回の洗濯にかかる時間:約51分(2-8の合計。僕の場合)

手持ちの洗濯機の性能が高くないので、1週間分だと全て洗濯するには洗濯機を平均2−3回回さないといけない。

つまり、最大で2時間半近くを洗濯に費やすことになる。

放っておいて出かけることも出来ますが、洗濯物がくさくなったりすることもあり、やるからには干すところまでしないとやり直しになって2度手間です。

やり直しがなかったとしても2時間半×4回で月に実に10時間も洗濯に費やしています。

改善策は?

洗濯機を不要と判断するまで、いくつか改善案を考えていました。

以下のような内容です。

  • まとめないで、選択する日数を増やして1回辺りの量を減らす。
  • 洗濯機を大型の物に変える
  • 洗濯そのものをアウトソーシングする

結果上の二つの案は自分には合わず、アウトソーシングして洗濯代行に洗濯をお願いすることになりました。

洗濯代行に頼むのすらメンドクサイという人は発注の流れをパソコンで自動化しよう。

洗濯代行は便利なのですが、ただ、僕はそれでも毎回フォームに情報を入力して注文依頼を出すというのがメンドクサイと感じてしまうので、出来る限り自動化したいと思い、今パソコン上でスクリプトを作り以下のように半自動化しています。

  1. icalで毎週1回自分宛に回収依頼を出すようにリマインダーを設定
  2. リマインダーが来たら専用の発注スクリプトを実行(約1分)
  3. 専用のバックに洗濯物を入れる(約10分)
  4. 玄関に専用バックをかけておく。
  5. 業者が勝手に回収。
  6. 2日後には荷物が代引で届くのでカード決済で払う。(約5分)
  7. iComptaに出費情報を入力(定形登録しておく)
  8. 領収書に済印を押してファイリング 1分

7,8は家計簿とか領収書が必要な人向け。必要ない人はやらなくてOK。

ホントはスクリプトの実行すら自動化したいのですが、今はノートしかないので、自動タスクを実行する時間にMacが立ち上がってるとは限らないので、手動でスクリプトを実行してます。

これまで月に10時間かかっていた作業が今では月1時間強まで圧縮できたのでやってよかったと思っております。

専用の発注スクリプトについて

2.の専用スクリプトが僕の中では重要です。

スクリプトというのはプログラムの一種なのですが、今回の趣旨とずれるので興味の有る方は検索してみてください。

パソコン上の任意の作業を自動化できるくらいに思ってください。

それを使って、洗濯代行のHPから依頼をするという作業を自動化しています。

僕はMacユーザーなので、Mac上で動く言語でスクリプトを組みたいのですが、まだ実用レベルに習得していないので、現在はuwscというwindows用のスクリプト言語を仮想環境上で動かしています。

洗濯代行依頼に関して、自動化している作業は

  1. 洗濯代行のWebサイトを自動で起動
  2. 代行依頼の申し込みフォームに名前などを自動入力
  3. 確定ボタンを押す

です。

説明では分かりづらいかもしれないので、動画を観てみてください。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=Lkq4kfOMRqE[/youtube]

こんな感じで本来手動で入力するところを自動で入力させています。

スクリプトのソース

今スクリプトのソースになります。めっちゃ適当でエラー処理もなんにもしてないですが、参考になれば幸いです。

URL = "https://sv213.xserver.jp/~sdp/postwash.net/webform/"//POSTWASHのオーダーフォームのURL</p>
<p>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////</p>
<p>intWidth = 1280 intHeight = 1000 intX = 0 intY = 0</p>
<p>IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application") IE.Width = intWidth IE.Height = intHeight IE.Left = intX IE.Top = intY IE.Visible = True</p>
<p>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////</p>
<p>IE.Navigate(URL) BusyWait(IE)</p>
<p>IESetData(IE,True,"集荷依頼品目(必須)1","Mサイズバッグ") IE.document.getElementById("Mサイズバッグ_数量").value = "1" IESetData(IE,"無香料","柔軟剤の香り(必須)") IESetData(IE,"以前に利用したことがある","ご利用は(必須)") IESetData(IE,IE.document.getElementById("ご希望集荷日(必須)").getElementsByTagName("option").item(1).value,"ご希望集荷日(必須)") IESetData(IE,"午前便(9:00~14:00)","ご希望集荷時間(必須)") IESetData(IE,IE.document.getElementById("お届け希望日(必須)").getElementsByTagName("option").item(1).value,"お届け希望日(必須)") IESetData(IE,"午前便(9:00~14:00)","お届け希望時間(必須)") IESetData(IE,"到着時クレジット決済(eコレクト)","お支払い方法(必須)") IE.document.getElementById("email(必須)").value = "mail-address@gmail.com" IE.document.getElementById("confirm_email(必須)").value = "mail-address@gmail.com" IE.document.getElementById("お名前(必須)").value = "名前" IE.document.getElementById("フリガナ").value = "フリガナ" IESetData(IE,True,"性別(必須)","男") IE.document.getElementById("電話番号(必須)").value = "03-1234-5678" IE.document.getElementById("郵便番号").value = "111-1111" IESetData(IE,"東京都","都道府県(必須)") IE.document.getElementById("市区町村(必須)").value = "東京区" IE.document.getElementById("丁目番地(必須)").value = "住所1-1-1" IESetData(IE,True,"","確認画面へ") BusyWait(IE)</p>
<p>msgbox("完了。クリックすると終了します。")</p>
<p>IE.Quit // IE終了 IE = Nothing</p>
<p>//XLCLOSE(EXCEL) //EXCEL = Nothing</p>
<p>//------ Procedure BusyWait(ie) Sleep(0.5) // Wait Const TIME_OUT = 90 tm = Gettime() repeat Sleep(0.2) ifb Gettime() - tm &gt; TIME_OUT MsgBox("Time Out:BusyWait") ExitExit endif until (! ie.busy) and (ie.readyState=4) Sleep(0.5) Fend

あとがき

結局本文ではミニマリズムについて触れてないなw

シンプルに生きるっていうのとプライベートの外注化っていうのが自分的には充実した生活を送る上では必要ではないかなと最近思ってます。

物が部屋に溢れてると新しい物を受け入れることも出来ないし、精神的な余裕がないと新しいことを受け入れることも出来ないと痛感してるので。

というわけでしばらく実践してる内容をどんどん公開していきたいと思います。

あれ?これってある意味ライフハック?

SNSでもご購読できます。