WordPress

WordPressで作ったブログをAMP対応するときに気をつけること5つ

突然ですが、AMPの対応ってされてますか?

ampサンプル!

AMPって何?という方の為にかんたんに説明すると

Accelerated Mobile Pagesの略でこの規格に沿って

Webページを制作すると「ものすごく速くスマホサイトが表示」されます。

WordPressは公式プラグインを入れるだけでAMPに対応できるようになるんですが、

広告いれたり、画像表示したりとちょっとカスタマイズしようとすると色々とトラブルに遭遇します。

しかもAMPの規格自体がまだ発展途上だというのもあるのですが、この手の対応記事があまりまだネット上にはないので自分が対応したことを書いておきます。

続きを読む

wordpress移転用プラグイン「duplicator」でエラーが出る場合の対処方法

WordPressでサーバ移転をする際必須のプラグイン「duplicator
本来データベースの移行などが必要なWordpress移転をほぼ自動で行ってくれます。

ところが先日移転を行ったサイト上で何度もエラーを吐いて移転ができないということがありました。

原因はmysqlの文字コードとバージョン

いろいろ調べてわかったのは

  • mysqlのアップデートで文字コードがutf8mb4に変更
  • utf8mb4はmysql5.5系以降しか対応していない
  • 移転元(ローカルでmysql5.5)、移転先(coreserverでmysql5.1)で移転先のバージョンが古い
  • duplicator側では5.5と5.1のバージョン差を吸収出来ない

こういったことが原因でした。

2015年06月27日時点ではプラグイン側での対応はオプション設定などをいじっても出来ないようなので、この移転に関しては手動でmysqlを移行しました。残念。

あとがき

英語のページでも解決策が出てなかったりするともうお手上げですな…

AWSでnginxのキャッシュフォルダを削除してページが表示されなくなったらやること

nginx

運用に携わってるサイトの1つにWordpressをAWS+nginxの組み合わせで運用しているものがあります。

キャッシュの削除に失敗して画面が真っ白になってしまったのですが、それを復旧したお話。

キッカケはCDNとしてCloudflareを使っていたのをPhotonに変更したところNginx Cache Controller キャッシュの削除をしても設定がすぐにサイトに反映されなくなりました。

そこで「/var/cache/nginx」をFTP経由でまるごと削除したところサイトがまっしろになるという状態を引き起こした次第です。

Nginx Cache Controllerを停止すると表示されるので、キャッシュがちゃんと削除されていないのはすぐにわかりましたが、フォルダを再作成をしてみても症状が改善されませんでした。

続きを読む

Maintenance – クールでシンプルなUIがいい感じのWordPressプラグイン

Maintenance

サイトのリニューアルの際に欠かせないメンテナンス表示させるプラグイン。

WordPressは標準でもメンテナンス表示の機能を備えてますが、見た目がいまいちなのが難点。

有名なメンテナンス用プラグインは他にもあるけれど、クールでシンプルなUIが気に入った「Maintenance」というプラグインを今日は紹介します。

続きを読む