Wordpress

WordPressで作ったブログをAMP対応するときに気をつけること5つ

突然ですが、AMPの対応ってされてますか?

ampサンプル!

AMPって何?という方の為にかんたんに説明すると

Accelerated Mobile Pagesの略でこの規格に沿って

Webページを制作すると「ものすごく速くスマホサイトが表示」されます。

WordPressは公式プラグインを入れるだけでAMPに対応できるようになるんですが、

広告いれたり、画像表示したりとちょっとカスタマイズしようとすると色々とトラブルに遭遇します。

しかもAMPの規格自体がまだ発展途上だというのもあるのですが、この手の対応記事があまりまだネット上にはないので自分が対応したことを書いておきます。

続きを読む

Maintenance – クールでシンプルなUIがいい感じのWordPressプラグイン

Maintenance

サイトのリニューアルの際に欠かせないメンテナンス表示させるプラグイン。

WordPressは標準でもメンテナンス表示の機能を備えてますが、見た目がいまいちなのが難点。

有名なメンテナンス用プラグインは他にもあるけれど、クールでシンプルなUIが気に入った「Maintenance」というプラグインを今日は紹介します。

続きを読む

WordPressでログインユーザにしか見えなくなるテンプレートタグをText Expanderに登録してみた

テンプレートをText Expanderに登録してみた

なるほどこれは便利と思った記事があったので紹介します。

[WordPress]稼働中のテーマに手を加えたい時に!囲った部分がログインユーザにしか見えなくなるテンプレートタグ|ウェビメモ
WordPress]稼働中のテーマに手を加えたい時に!囲った部分がログインユーザにしか見えなくなるテンプレートタグ …

仕事柄Wordpressに触れる機会は多いのですがサイトを作り終わった後、サイト運用していく段階になると大規模な変更より小規模な変更が増えてきます。

続きを読む

WP Ultimate CSV Importerの使い方(WordPressでCSVアップロードするためのプラグイン)

とある案件でまとめてページをアップロードする必要があったので、CSVをつかってまとめて記事をアップロードしました。

WP Ultimate CSV Importer

CSVを使って記事をアップロードすると何が便利かと言うと、いちいち管理画面をつかわずExcelなどの表計算ソフトを使って記事を作れます。

フォーマットが決まってる記事(ネットショップの商品情報や辞書的な記事)などを作る場合は一々管理画面で登録していく場合より楽に記事を作ることが出来ます。

WordPressでCSVアップロードをする場合「CSV impoter」「Really Simple CSV Importer」の2種類のプラグインが有名ですが、前者は長いこと更新されず、後者は私の環境ではうまく動作しませんでした。

なので「WP Ultimate CSV Importer」を使うことにしました。

ただこのプラグイン残念ながらほとんど日本語の情報がない上に、直感的にわかりづらい設計のためちょっと迷いました。

なので覚書を兼ねて日本語の解説をしてみようと思います。

続きを読む

無料でアクセスアップ!?激安サーバでWordPressを1秒台表示させた15のチェックリスト

記事表示1秒台に憧れつつ、激安サーバだし高速表示は難しいかなと思ってた@totto777です。

今日はそんな激安サーバを変えずに、記事表示1秒台を叩きだした方法を15のチェックリストにしました。

ブログを運営していく上で表示速度は死活問題!

早ければ早いほどいい!

ユーザーがページ表示に待てるのは最大2秒なんだって!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

裏を返せば2秒以内に表示させれば、今まで読んでくれなかった人が記事を読んでくれるってことじゃないか!?

というわけで色々試した結果1秒台(計測先はGTMetrix)で安定して記事が表示出るようになりましたよっとヽ(=´▽`=)ノ

【1秒台表示の証拠(Page load timeの部分が表示にかかった時間)】

1回目

2回目

3回目

※3回目だけなぜかTotal huber of requestsの回数が一回少ないけど特に変更は加えてません。

続きを読む